満員電車で白いタイトスカートの女性のお尻にチンコを擦り付けて射精

僕は下着女装が趣味の男性です。
女性の下着に対し、とても性的興奮を覚えるからです。

そんな僕は、この季節はすごく興奮の毎日です。
なぜなら、朝の通勤電車に乗る若い女性たちが薄着になってるからです。

若くてかわいい女性の薄着は本当に見ていて幸せですよね。
でも、モンモンとしてきてしまい理性をうしなってしまうのではないかと、一方では自分のことが不安になります。

ところで、先日某地下鉄にのった時のことです。

ホームで電車をまっていると、かなりかわいいOLが僕の近くで立ち止まりました。
たしか黒っぽいシャツに光沢のある白いタイトスカートでした。

スカートはストレッチがきいていて、とてもかたちの良いまぁるいヒップにしっかりはりついています。
しかも、よくみるとショーツのラインがわかります。

バックレースタイプのショーツです。

おそらく、スカートの素材を考慮してショーツラインをケアした結果、バックレースタイプのショーツを穿いてきたのだと思いますが、透けパンツラインマニアの僕はそれを見逃しませんでした。

そして、ショーツの色はベージュ系だとおもいます。
なぜなら、こんなスカートの素材にもかかわらず、色についてはまったく透けていなかったからです。

そんな彼女を間近で見た僕はメチャクチャ興奮しました。
ペニスが立ち上がっていくのがはっきりとわかりました。

そんな彼女を少しでも長く見ていたいと思っていたところ、電車が到着しました。
ラッキーにも、同じ入り口から乗ることになり、僕は、彼女の後ろから続いてのりました。

しかし、その日は電車が少し遅れていたらしく、ものすごい込み方になったのです。
僕は15分ほどの下車駅までとても僕好みで興奮するまぁるいお尻をショーツラインと一緒に鑑賞できたらいいなぁ・・・程度に思っていましたが、それどころではなかったのです。

電車は沢山の人が乗り込み、身動きできません。

しかも、僕のペニスが夏物の薄い素材のスラックス越しにそのまぁるいお尻におしつけられています。
しかも僕の下着は女性用のショーツ(ワコールマイクロヒップス)です。

とてもやわらかく伸縮性にすぐれたショーツです。

無論、彼女は、お尻越しに僕のペニスの硬さ、大きさ、そして形まで感じとるに違いありません。
大ピンチです。

でも身動きできません。
彼女も動けないようです。

ここで、むりに自分の手をつかって、ペニスをかばったりしたら、それこそ痴漢扱いされてしまいます。
僕は本当に絶対絶命のピンチに追い込まれていた訳ですが一方で性的興奮が頂点に達していたのも事実です。

こんなはずかしい状態はなんとかしなくてはいけないと思う気持ちと、痴漢と間違われてはいけないと思う気持ちで、なんとか腰を引いて少しでもペニスが強く当たらないようにと試みても、込んでいてうまくいきません。

それどころか、うしろの親父が「なんだこのー」ってな感じで押し返すものだから、さらに強い圧力でペニスが彼女のお尻に押し付けられます。

しかも、こんなのだめだといった気持ちとは裏腹に僕のペニスは、その薄いスカート越しに、パンストの感触、ショーツの感触、そして、やわらかく張りがあり吸い付くようなお尻の感触を、電車のゆれと一緒に感じていました。

次の駅に着くまで何とか我慢しようと思っていましたが、遅れているせいか、電車はとてもゆっくりです。

彼女も僕のペニスを感じとっているからか、ちょっとはずかしそうでしたが、まんざらいやがっている様子でもなく、むしろ好奇心を感じていた様子でした。
しかし、ほんとうにヤバイ事は、これからでした。

見ているだけでビンビンになってしまうほどの僕好みのお尻です。
それに電車の揺れで強弱をつけられながら押し付けられているとなれば、起こるべき事はあきらかです。

まもなく僕のペニスはジィーンジィーンといった、最高に性的快楽を感じているときに起こる射精直前の微振動を感じます。
彼女のお尻にも伝わっていたかもしれません。

ヤバすぎると思いながらなんとか我慢をとこらえていましたが、性器の快楽は気持ちでコントロールできません。
ペニスはピクンピクンと脈を打ちはじめましした。

絶対絶命です。
彼女もペニスの動きをはっきりと感じ取ったようです。

「え、うそ。」

ってなかんじで、うつむきかげんだった顔がすこし上を向きます。
僕はあきらめました。

こんなことありえないと思いながらも、どうしようもなかったのです。
ピクンピクンといった脈打ちはビクンビクンと力強さを増し、感じたことのない絶頂の快楽とともに僕のペニスは精液を噴出しました。

「え、ほんとに!やだ・・・」

といった具合に彼女はあわてていました。
その後、次の駅に着くまでの短い間、僕のペニスは急速の硬さを失い、小さくなっていきました。

大きく硬くなったペニスを感じられてしまう時もとても恥ずかしかったのですが、射精をして小さく、やわらかくなっていくペニスに気が付かれるとわかったときはもっと恥ずかしい気持ちになり、なんとか気付かれまいと、最高の快楽の後でフラフラでしたが、腰を引く努力をしました。

しかし、彼女は

「ここまできたら確かめちゃう。」

といった具合になんとあのまぁるいお尻をペニスに押し付けてきたのです。
僕はそこから逃げることはできませんでした。

当然、精力をうしなったやわらかいペニスを感じとられたことでしょう。
その時は、もうどうでもよくなっていました。

次の駅に着くと、僕は恥ずかしさのあまり、急いで降車口へと向いました。

降りる間際、横目で振り返ってみると、彼女も恥ずかしいらしく、後ろを向いたままでした。
でも、おどろいたことは、そのショーツラインをひびかせながら、まぁるいお尻を包み込んでいるあの光沢のある白いスカートに、10センチほどもあろうかといった円形のしみがついていたのです。

あわてて自分の股間を見たら、精子でべっチョリでした。

女性用の薄いショーツと夏物の薄手のスラックスでは絶頂の快楽により絞り出された大量の精子を吸収しきれなかったのです。
僕は、あわてて鞄でかくしながら電車を降り、会社は遅刻して、着替えてから行くことにしたのです。

もう、こんな経験は一生ないと思いますが、この時の僕の行動は痴漢に該当しちゃうのでしょうか?

僕は30年ちょっと人生を歩んできて、確かに下着女装で、透けパンツラインマニアですから一般的に変態といわれる人でしょうが、日本は法治国家ですから、法律といったルールを守って生きてきたつもりですし、これからもそれをしっかり守っていこうと強く思っています。

それだけに、ここでご披露した体験談が、法律を犯してしまったのかどうか気になっています。