職場の駅伝チームの女子選手を寮の屋上で犯した話

滋賀に単身赴任中の時の事だから、かれこれ5年になります。

当時、僕がいた職場には実業団陸上部がありました。
種目は駅伝で目的は会社の広報の為です。

部員数は12人で全員女性でした。
監督は男でコーチは男性が3人女性が一人です。

高校時代に中・長距離をしていた女子選手が勧誘されていましたがチームの実力が全国レベルの強豪ではないので、それほど名の知れた女子選手もいませんでした。

ちょうど私のいた営業部が広報業務も兼ねていたので女子選手達とは、日頃から多少の交流がありました。

僕はそんな職場の独身寮にいる35歳の単身赴任者です。彼女達も独身寮です。
当たり前ですが男子寮と女子寮は違います。その女の子の中に、のぞみという19歳の女子選手がいました。

小柄で目が大きくて性格は明るい子でしたが、コーチの話では相当な気分屋でわがままな女の子と言う評価です。

でも僕は、毎日彼女達と接しているわけではないので僕から見れば明るくて可愛い女の子でした。

ところがのぞみは酒を飲むと性的に耽溺な女の子で、誰彼となく、すり寄って行くのでした。そして職場で飲み会があった時の事です。

二次会の解散後、妻帯者は帰って独身寮に帰るのは僕と女の子の二人です。三人ともかなり酔っていました。

のぞみは酔うと、やはりわがままで礼儀知らずの女の子でした。

僕ものぞみの噂は知っていたので酔った勢いもあって、こっそりと耳打ちしてからかったんです。

「お前みたいな生意気な子は犯したら大人しくなるかもな!」

「ふん!、そんな事出来もしないくせに」

そんな挑発的な、のぞみの態度に胸騒ぎを感じたんです。

「じゃあ寮に戻ったら屋上でやってやるから、ついて来いよ」

そう言いながら会社の敷地に入って独身寮の階段を上がっていると、のぞみは後ろをついて来ます。

男子寮は女性は立入禁止です。そのまま屋上に、上がると後について来たので酔った勢いで脱がしたんです。

彼女は陸上部のトレーニングウエアだったので脱がすのは簡単でした。そして酔いすぎて固くなりきれないバットを強引に挿入したんです。すると直ぐに甘い声を上げて僕にしがみついて来ました。

屋上のコンクリートの上でした。街の明かりは煌々と輝いていましたが屋上は真っ暗でした。酔っていてもはちきれそうな体をしているのは解りました。

凍えるような寒い日でしたが、のぞみの声を聞きながら夢中で腰を使ったんです。

でも酔いすぎて射精まで行きません。射精できないのもどかしさから屋上への出口の踊り場でのぞみを膝まずかせてフェラをさせたら素直に口に含みました。

フェラをさせてようやく溜飲を下げて、その後、部屋に戻って寝たんです。その次の日の午後、会社の廊下ですれ違いざまにのぞみが言いました。

「昨日の事……後悔してませんか?うふふ」

いたづらっぽく、そう言うとのぞみは走り去って行きました。