引越しの見積もりで女性社員が枕営業を提案してきた

去年の夏、引越しようと思って、アー○引越しセンターに見積り頼んだら、若い女性社員がきた。
むちむちしたボディーで、お尻やおっぱいも大きく、

「ひょっとしたら枕かも?」

と期待を抱きつつ部屋の中を案内する。

一通り見終わった後、彼女が出した見積はまあ妥当な金額。
それでも一応は「高いなあ。これじゃ無理」と言ってみる。

案の定、彼女は「もっと値引きできます~」って言ってさらに金額を下げてきた。
しかも金額を提示するときに若干前かがみになって、胸の谷間も見せてきた。

「これは間違いなく枕!!」

と思った俺は、顔がにやけるのを我慢して、真剣な顔でさらに渋るそぶりをしてみる。

「これ以上は下げられないんですよ~」

とおねだりするように言う彼女。
全開の谷間に俺も超勃起状態w

ズボンの上からでも明らかに分かるくらいw

彼女は、その膨らみに一瞬視線を落とし、にやけるような顔をしながら、

「おっぱい、さわってもらってもいいんですよ」

と上目遣いに言ってきた。
俺は内心「ラッキー」と思ったが、さわるくらいではいかんと思い直し

「それくらいじゃダメだな」

と言ってみる。

「じゃあ、手でします?それとも口?」

と彼女がさらにたたみかけてくる。
俺は理性がふっとびそうだったが、今一度我慢をし、

「やらせてくれないの?」

と聞いてみた。

「それは、ちょっと~」

とさすがに躊躇する彼女。
俺はここであきらめてはいかんと思い、冷静を装って

「ダメならいいよ。もう帰って」

とあえて冷たくつきはなす。

「ちょっと待ってください」

と考えるそぶりをする彼女。
後もう一息だ。俺は彼女の返事を待つ。

「分かりました。普段は口までなんですが、今日は特別です」

と決心したように言う彼女。なんでもその月は営業成績が悪いらしく、どうしても契約が欲しかったらしい。
その場で、二人して風呂場に直行。

シャワーを浴びながらおっぱいもんだり、俺のをさすってもらったりといちゃいちゃしながら楽しく話した。
きさくな感じで、苦労もしてるみたいで、ホントいい子だった。

彼女を後ろ向きにさせ手マンで攻めあげる。あえぐ彼女。
エッチ自体がご無沙汰だったらしい。激しく感じてるようだった。

いざ挿入という段になって、息子をあてがったところで、 彼女が一言

「ちょっと待って」

ここまで来てなんだよと思いつつ「何?」と聞き返す。
「条件があるの」と彼女は言う。

「会社はもちろんのこと、他の人にもこのことは絶対内緒にしといて欲しい」

というもの。営業員が枕やってるなんて噂がたったら会社に迷惑かかるからまあ当然だ。

「分かったよ」という俺。

「じゃあ、いくよ」

と言ったところで、 彼女が「後一つ」と言う。
じらすのもいい加減にして欲しい。

二つ目の条件は「契約金額を最初の見積金額にして欲しい」というものだった。
最初の見積金額は二回目のものより2割ほど高かったんだが、ここまで来たらもうどうでもいい。

俺は「それもおーけー」と二つ返事で了承し、ようやくの思いで挿入した。
後で聞いた話しでは、契約金額によってインセンティブが違うので、金額は高い方が彼女にとっても嬉しいらしい。まんまとやられた感じがしないでもないw

じらされたせいもあって30秒ももたずに発射。
彼女も「え?もう?」みたいな顔して、物足りなげな表情。

俺はすかさず「本番はベッドでね」となかば強引にお願いする。

彼女の方はあっさりOK。
やはり久々のエッチで物足りなかったのと、契約金額を高くしたのが効いたらしい。

ベッドでは、前から後ろからとさんざんにつきまくって彼女は昇天。
体をぴくぴくさせながら「気持ちよかった~」の一言。

それにまた萌えてもう一発と思ったが、俺も疲れたので、そのまま彼女と添い寝した。

一時間後、契約書も書き終わり、いざお別れというところで最後に彼女が一言

「どうもありがとうございました」。

契約したことに対してありがとうと言ったんだろーが、俺のエッチがよかったので、それに対してお礼を言ったのだと勝手に思ってるw

皆様、長文にも係らずご支援どうもありがとうございました。