新婚家庭で旦那の寝ている隣で新妻を頂きました

私が25歳の時、入社後3-4年目の夏でした。
8月初めの暑い日で暑さは夜まで続き、職場の慰労を兼ねたビアガーデンに行きました。
参加者は幹事が課長でしたので、半強制的に全員参加で男性6人女性3人でした。
1年先輩の長谷川さん(男)とは課内では歳も近かったので、よく喋ったりしていました。

長谷川さんはこの6月に結婚したばかりで、私も結婚式には出席させていただきました。
相手は同じ会社の2歳年下の子で短大卒業しての新卒入社で、私とは同期になります。
結婚するので退職しましたが・・・。

新妻さんの名前は由利さんで、私は「由利」と呼び捨てで呼んでいたのですが、小柄ながらアメリカのセクシー女優みたいなダイナマイトボディで可愛らしい顔をしていて、半ば天然系でしたので密かに惹かれていたのです。
しかし長谷川さんに先を越された格好でチャレンジする前に降参、ギブアップしました。

私は好みはあるでしょうが、普通くらいのルックスで身体は体育会系で細マッチョ。
長谷川さんは文系で三段論法を駆使するタイプでした。
身体はスリム、ただスリムという特徴しかありません。
既製のジーンズが28インチでちょうど良いというくらいのスリムでした。

忘年会や社内旅行などで風呂なども一緒に入っていたりして、長谷川さんのアソコも見ましたが、そっちもスリムでしたので、私は
「奥さんかわいそう・・・」
と思った事があります。

でも由利が選んだ人だから・・・と私の心の中の真実の壺に向かって叫んだだけです。

さて、ビアガーデンで新婚生活をつまみにされ、お祝いと称して皆から飲まされて、突然の夕立に場所を変えた2次会でも同じく飲まされて長谷川さんは泥酔者の完成型最終モデルまで出来上がりました。

ところが自宅が逆方向なのに
「仲がいいみたいだから」
という理由だけで私が長谷川さんを送り届ける事になり、肩を貸しながらタクシーに乗せ、住所とアパート名だけの情報で長谷川さんちまで行ってもらいました。

事前に由利には家電にかけて連絡してありましたので、長谷川さんちに着きチャイムを鳴らすと由利はすぐに玄関を開けてくれましたが、長谷川さんの様子を見て
「私じゃ手に負えないから、お願いしていい?」
と頼まれ、私がそのまま夫婦の寝室まで運び、ツインのベッドの大きい方に長谷川さんを寝かせました。

「着替えさす?」
と聞くと
「お願いしていい? 私にはこの人を脱がして着替えさせるの、絶対に無理っぽい」
と言いました。

夏だからスラックスとカッターシャツを脱がせばいいくらいでしたが、下着のシャツを脱がせて濡れタオルで拭けるトコは拭いてやり、
「後は奥さんの占有物件だから、由利がしてやって」
と振ると由利は
「このままでいいんじゃない・・・?しなびびた情けないモノ見たくないし」
と笑いました。

「じゃ俺帰るけどタクシー、何を目標に来てもらえばいいかな?」
と聞いてみました。さっきは住所とアパート名で送ってもらった事は黙ったままで…。

壁に掛かった時計を見ると、ミッキーマウスが時刻を指差していて、
『午前1時15分』
を示していました。

すると、由利は
「こんな時間だから頼んでもいつタクシーが来るか分からないから泊まる?」
というありがたい言葉を掛けてくれました。
更に追い討ちとばかりに
「でも汗っぽいから帰りたいんだけど」
と言うと、
「お風呂沸いてるし、シャワーも使えるし。私もさっき入ったばかりだから」
と言われました。

実はこの時の由利の姿は、陸上選手や女子マラソンランナーが走る時みたいな、ランニングシャツとハイレグカットのランニングパンツ。
完全に乳首のポッチが突き出している上に腰の両サイド、ランニングパンツの裾から生パンツが顔を出している状態でした。

実は私、さっきから半勃起で由利に見つかりたくないという手負い状態でした。
「手負いの獣は怖いぞ~っ」
と由利に迫る寸前です。

「お風呂借りていいの?」
「今、用意するから入って」
と言われ、浴室に案内され真新しいタオルを渡されました。

私が脱ごうとしても由利はその場にいましたから、私は気にしない振りでシャツを脱ぎ、スラックスを脱ぎ、由利に一瞥して一気にパンツを脱ぎました。

由利は初めは
「えっ?えっ?」
という顔でシャツやスラックスを脱ぐ所を見ていましたが、パンツを脱ぐ時には無言で見ていました。

数秒、時間が止まったように見つめている由利に
「見ぃたぁなぁ~っ」
と言うと
「ごめん・・・」
と言いながらも一点を見続けていました。

私が
「靴下、脱がせて」
と言いながら由利に向き合うと、由利が私の前に跪いて私が右足を上げると、右足の靴下を脱がせてくれました。

次いで左足を上げ左の靴下を脱がせてもらうと私は
「ありがと、お礼に」
と言いながら由利の両肩に手を置き、由利を手繰り寄せると由利は私の顔を見つめながら唇を弛め、そして口を開き、私のほぼ完全勃起したモノを含みました。

「ふぉっきぃ・・・」
由利は最初はゆっくりと、次第にリズミカルに首を振り、私は由利の頭に両手を置き逃がさないように押さえ込みました。
見ると、ランニングパンツの裾の部分から手を入れて自分で触っていました。

私は由利に
「背中も流して欲しいんだけど」
と言うと、咥えたままで頷きました。

由利は立ち上がり、ランニングパンツと一緒に下着を脱ぎ、
「洗わなきゃ・・・」
と言うと、脱衣場にある洗濯機にランニングパンツと下着を入れました。
ランニングシャツも脱ぎ、乳房を私に見せつけながらそれも洗濯機に入れ、私が脱いだもの全てを洗濯機に投げ込みました。
スイッチを入れると少し洗濯機が回り水が注がれました。

「乾くまで帰れないね」
と由利は笑みを浮かべると、私に抱きつきキスを求めてきました。
「長谷川さんが起きても知らないぞ」
「あの状態じゃ明日の昼過ぎまで起きないよ、あっ、今日の昼過ぎか」

由利に手を引かれて浴室に入りましたが、由利は急に恥ずかしくなったのか
「あまり見ないでね」
と顔を赤くしました。
「そんなの無理に決まってんじゃん」
と言うと
「・・・そだね・・・」
と言って私の前に正座すると、左手で私の竿の根元を押さえ再び咥えてきました。

由利は初めからリズミカルに首を振りました。
「上手だね・・・それだけで逝っちゃいそう」
「それは困る。まだ逝かないでね」
由利は私のチンコから離れ、ボディシャンプーを手に取り、私の身体を素手で洗い始めました。

ひと通り由利の手が私の身体を一巡すると、シャワーで流して再び手にボディシャンプーを取ると、私の股間だけを確かめるように擦りながら自ら股間を洗い始めました。
洗いながらマスターベーションしているみたいで、時々「んっ、ぁん」などと声を漏らします。

「由利って、こんなにエロかったっけ?」
「嫌いになった?」
「いや、今も昔も由利の事は好きだよ」
と言ってみた。遅すぎる告白かな・・・。

「私の中に入れたい?私は入れて欲しい、いっぱい」
と言うので由利を後ろ向きに誘導すると、由利は壁に手をついて足を開き、お尻を突き出しました。
下付きの由利のおまんこがアナルと共に見えました。

「おい、新妻が旦那じゃない男に、そんなトコ見せていいのか?」

「あなたならいいの。見たくないの?」

「見たいさ。写真に撮って、いつでも楽しみたいさ」

「浮気しないで私で逝ってくれるなら撮ってもいいよ」

私はチンコを由利のお尻の割れ目にあてがい、割れ目をずっとチンコの先で辿りました。
由利が左手を噛み声を堪えていましたが時折、「あんっ」と鳴きました。
人妻のこういう声は堪りませんでした。

私は由利の割れ目を辿り、温かく湿った沼のような所に着いた時に一気に侵入しました。
その瞬間、由利の身体が仰け反り
「あっ、あぁっ!!」
と声がしました。

私は由利の声に勇気づけられ、突いたり抜いたりを繰り返しました。
しばらく由利の股間から出る「クチュっクチュっ」という音と由利の啼き声を楽しみながら腰を前後に振りました。

由利が
「だめっだめっ、立ってられない。ベッドに行こう、ベッドでしたいよ」
と涙目で訴えました。
「長谷川さんがいるじゃん」
「それでもいいから」

私は、この時に不埒な事を思いつきました。
「じゃ、ベッドには行くけど、その前に俺のしたい事をさせてくれ」
由利は少し恐怖を感じたようで
「なに?痛いこと?」
と聞きました。

「いや、この家の至る所で由利として、それを記録したいだけ」
由利は了承しました。
玄関で裸の由利を撮影し、由利のフェラ、バックからの挿入・・・。
同じようなシーンをリビング、トイレ、浴室、脱衣場、ベッドルーム、キッチン、クローゼットなどあらゆる所で撮影しました。

長谷川さんが使うダイニングテーブルの上に由利を仰向けにして正乗位で由利を突つき、同じく俯せにして由利のアナルを見ながらおまんこの奥深くまで入りました。
私がテーブルに腰掛け由利のフェラを楽しみ、それからベッドに移りました。
長谷川さんが爆睡している隣の由利のベッドで由利は喘ぎ、呻き、痙攣しました。

由利のベッドのシーツは由利が初めてで恥ずかしいという潮吹きでグッショリ濡れました。

幸いビアガーデンで使うつもりで持ってきていたデジカメが活躍しました。

録画モードにして由利を突きまくって、由利に
「夫より大きい。気持ちいい、逝っちゃう、嬉しい、中に出して、あなたの赤ちゃんを産みたい」などと言わせ全てを記録しました。

由利は貪欲で私が由利の中に放出し、離れるとすぐに咥えて私を使用可能な状態にしました。
私も久しくオンナから遠ざかっていた事もあり、学生時代のオナニーくらいの回数をやり、何度も由利の中に放出したのです。

本当にあれは最高に興奮した出来事でした。
でも、一度も目覚めることのなかった長谷川さんに、今では少し申し訳なく思っています。