お隣のご主人にのめり込んでしまいました

もう抜け出せません。

愚痴も混じってしまいますが、うちの主人は子育てはおろか、家の事は全くしません。

せっかく買った一戸建ての周囲の草むしりですら、見かねた私の父がわざわざ休日に来てやるくらいなのです。

しかも、父が汗を流しているのを、1人でタバコを吸って、平然と手伝わずに見ているのです。

夜の夫婦生活も、私からの求めには全く応じず、反対に主人がしたくなったら、私が生理中だろうが、構わずほとんど無理やりのような感じでするようになっていましたが、それも次第に無くなり、本当に全くなくなりました。

ある日、また父が草むしりを夏場にしていました。

見るに見かねたのか、隣のご主人が手伝いに来てくれました。

隣のご主人は人当たりも良く、年齢も近かったので、会えば挨拶だけでなく、世間話もするような方でした。

手伝ってくれたお礼も兼ねて、作業が終わった後にうちで冷たいものを飲んでもらったのですが、うちの主人はご主人に感謝もなく、むしろ、「余計な事を手伝ってくれて」と嫌味を言い出す始末で恥ずかしくなりました。

父もそれには激怒していましたが、表情には出したものの、その場では口には出さずにいました。

ご主人が帰ってから、私だけが父に外に呼び出されたような感じで、うちの主人の態度を叱責されました。

お詫びにお菓子を持っていきましたが、やはり笑顔で大人の対応をするご主人とうちの主人とが同い年と言う事もあり、自然と無意識に比べ始めていました。

無意識に、ご主人の事を目で追っており、隣の家から物音やご主人の気配がしただけで覗き込むような事までしていました。

たまに、目が合ったりしてしまい、気まずくても、その行動は止められずにいたのです。

ある時の夜中の事でした。

玄関のチャイムが鳴り、出てみると、酩酊状態の主人が隣のご主人に抱えられていました。

駅からの途中の道端で寝ていたようです。

すっぴんにパジャマ姿と言う事を忘れて、主人の行動が恥ずかしくなり、主人を受け取ろうとしたのですが、そのまま玄関に倒れ込んでしまいました。

「奥さんは、華奢だから、失礼だと思うけど、私が寝室まで運ぶよ。」

と相変わらずの大人の対応をされて、さらに寝室まで見られてしまいました。

ご主人も酔っていた事もあり、肩で息をしているような感じだったので、私の方から「飲み物でも」と言って、引きとめていました。

ご主人は帰ろうとしたのですが、ハンカチで汗をぬぐう姿が居たたまれなくなり、私はしつこく呼び止めていました。

少しは会話と思ったのですが、ご主人の話が面白く、時間帯のせいか盛り上がってしまいました。

そして、間が置かれた後で、「いつも見ていますよね?」と顔を覗きこまれるような感じで聞かれて、ドキッとしました。

ご主人の手と私の手の距離が近くなっているのには、気づいていましたが、私は手を動かしませんでした。

ご主人の手が私の手を包むような感じで軽く優しく握られて、何かを言われましたが、覚えていません。

ご主人は私の隣に来て、私は彼のキスを受け入れていました。

パジャマのボタンがいくつか外されると、そこに手が入ってきて、優しく乳房を愛撫し、乳首も硬直していきました。

優しく愛撫されたのなんて、今の主人と付き合い始めの頃以来だったと頭で考えながらも、私の体は自然と彼に開いていきました。

場所をソファに移し、座る前にパジャマのズボンを下されました。

私は彼に寄り添いキスをしながら、彼のズボンの上から彼のを手で包んでいました。

「ズボン下ろしたい?」

彼に耳元で聞かれて、頷いてしまうのと、ほぼ同時に私は彼のベルトに両手を持っていきました。

ソファから1人下りて、絨毯の上に恥じらいもなく座り、彼のをパンツの上から、今度は口で包むようにしていると、先だけでもうちの主人より大きい事が伺えました。

そんな事をしたことがなかったのに、私は彼を挑発するような目線を送っていました。

「下して良いよ。」彼に言われて、私はパンツを下して、太いのが目の前に出てきて驚きました。

それでも彼はまだ半分も立ってないと、少し自慢げに言うのが、可愛く思えました。

それを口で慰めていると、彼の言った事が事実であることが分かり、顎が本当に外れてしまうのではないかと思いました。

「玉も」と言われて、私はしたことがなかったのですが、舌を下から這わせて、上の方までしてみました。

彼に誘われるようにして、再びソファに上がり、69をしました。

始めの内、彼は私のショーツの上から舌を這わせたり、指で撫でたりしてくれていましたが、ショーツが捲られると、彼は私の感じるスポットを知っていたかのように、舌を這わせたり、吸ってきたり、指で愛撫をしてきたりしました。

私の方がおろそかになると、彼の行為がゆっくりとなり、私も負けないように彼のを口と手で慰めていました。

そして、また初めての事がありました。

お尻の穴に指を入れられたのです。それまでは絶対に嫌がっていたのですが、彼にされていると、自然と受け入れていました。

愛撫だけで、何度か逝っていましたが、彼の行為は止まりませんでした。

再び促されて、ソファの目の前に立たされました。

「自分で脱いでごらん。」

変な風にずれていたショーツを私は彼の目の前で脱ぎました。

そして、彼に誘われるようにして、彼の上に跨ぐように座っていました。

手には彼のを目の前で握っていて、「奥さん、エロいね。」と彼に笑われましたが、そんなことを男性にしたのは初めての事でした。

彼の根元の部分がクリに当たるように自然と擦りつけていて、腰が前後に動いていました。

「欲しい?」

頷くと、「自分で入れてごらん。」と言われました。

私は彼のを握ったまま、少し腰を浮かせて、自分で宛がいました。

すると、彼の手が私の肩を下へと落とし、その拍子に自分のペースでなく、彼のペースで私の中に入れられてしまっただけで、私は激しく感じていました。

久しぶりに男性を自分の中に受け入れたせいか、腰の動きが止まらないのは、自分でも分かっていました。

それに彼も下から突き上げてきて、私は彼に倒れ込みました。

彼は私のお尻を両手で持ち上げるようにして、一気に重力で落とすような事もしてきたりして、ソファで正常位でもしました。

キスもたくさんしながら、色んな体位でしてくれて、愛情をたくさん感じました。

気付けば、夜が白み始めていました。

すでに場所はソファの上から床に転がっていました。

彼がカーテンを開けると、私が彼に愛されている姿がうっすらと窓に映りました。

彼が絶頂を迎えようとした時に、私は本当は中に出して欲しかったのですが、そうは言えず、結局彼のを口に含んで、口の中に出してもらいました。

それでも私は口で男性のを受け止めたのは初めての事でした。

気付いたら、体は汗だくになっていました。

ご主人は、事が終わっても、私のおでこや頬、体にキスをしてくれました。

呼吸を落ち着けてから、着替えると、玄関まで見送りました。

その際には、口はゆすいでいたので、私の方からねだるようにキスを求めました。

彼は最後に私のショーツの中に手を入れてくれて、まだ激しく濡れていた部分を愛撫してくれました。

私も彼から離れることが出来ませんでした。

連絡先を交換している間も彼の指が私の中をかき混ぜ、帰る直前までそれが続きました。

その日、興奮して眠れませんでした。

彼の余韻が残っていて、寝たら、それが消えてしまいそうで嫌だったのです。

おもむろに、自分の体を触っていました。

そのまま寝てしまったのですが、激しい二日酔いのうちの主人に叩き起こされました。

コンビニまで二日酔いの薬(?)を買いに行ったのですが、私は隣の家を覗いてしまっていました。

そして、2人でタイミングがあった時がとうとう来ました。

初めて関係を持ってから、1か月弱経った時でした。

主人が出張に行った夜に、私は仕事帰りの彼を自宅に呼びました。

ちゃんと時間を計算してきてくれて、誰にも見られない時間帯に彼は来たのです。

私は主人の時とは違って、玄関まで出迎えて、新婚さんと同様におかえりなさいのキスをしました。

彼に抱きしめられると、一気に体が熱くなりました。

まだ靴も脱いでいない彼の手が私の服の中に入ってきて、ショーツの中にも入ってきて、私を触りました。

「濡れてる…」

彼が笑みを浮かべて、耳元で言いました。

二度目にして、私は寝室へと彼を誘いました。

普段は灯りをつけっ放しと言う事はないのに、その時は彼と離れたくなくて、すぐに私のベッドに彼と倒れ込んでしまい、灯りは点いたままでした。

適度な荒々しさで服を脱がされ、愛撫を受けました。

いつの間にか全てを脱がされていたような感じでした。

恥じらいもなく、彼に甘えるように私はまた体を開いていました。

彼もそれに応じてくれるように、愛撫を強弱つけてしてくれます。

私の手は自然と彼の服を脱がしはじめ、全てを脱いでもらうと、再び裸で抱き合いました。

どんなに恥ずかしい恰好をさせられても、彼に身を委ねた時の安心感に変えられるものはありません。

それから月に1,2回のペースで彼に抱かれるようになると、私は彼の好みに合わせて、下の毛を短く処理するようになっています。

どうせ誰に見せる訳でもないので、それが私の中で彼の女になった証拠として、そうしているのです。

うちの主人は、私に無関心なのか、他に女がいるせいか、この関係に気付いていません。

その間にも、私は体だけでなく、心も彼に奪われてしまっています。

古い土地柄なので、主人との結婚生活は体裁を保つためだけに過ぎません。