彼女を騙してネットで知り合ったオッサンに抱かせてみた

九州のある混浴、そこは日中でもほとんど人が来ない鄙びた共同浴場。
女と二人で平日の昼間に行った。

なんと脱衣所は入り口から丸見え。
しかし山肌に隠れて外部からは見えない。

そこで二人して服を脱いだ。
彼女は32歳。

年の割にはいい体だと思う。
バストDカップで、ウエストは58センチ。

腹の中は何も入っていないの?っていうくらいウエストが細い。

風呂場は階段下におりていくと川沿いに半露天になってる。
どこからも見えないので、堂々まずはフェラをしてもらう。
フェラだけは年を重ねた女の方が絶対上手い。

彼女が、「入れたい!」と言うので浴槽の中で挿入。
彼女が上になって細い腰を振る。

お湯の抵抗でゆっくりとした動きになるのは仕方ない。
でもお湯のせいで少々のぼせてくる。
それでも夢中になると周りが見えなくなるものだ。

とその時、音がした。
時は遅かった。
浴槽の脇に40歳位のオッサンが素っ裸で立って見てる。

「何しよおとや?ココは風呂ぞ!」

僕達は慌てて離れる。

彼女はヤバいって顔して、顔を壁に向けている。
一体このオッサンはいつから見ていたんだろうか?

「お前ら、金払っとらんやろ?」

そう、ここは無人の共同浴場。
僕たちは一人200円の金をケチって無人の集金箱に入れなかった・・・。
このオッサンは最初から見てたんだ!

実はこの話。

僕とネットで知り合ったオッサンと仕組んだ出来事なんだ。
予め僕たちの到着時刻を教えて、彼に登場してもらった。

「今から警察行こうか?」

こんな子供騙しみたいな芝居に彼女は完璧に動揺している(笑)
オッサンはチンポ丸出しで仁王立ち。
しかもいきり勃っている。

僕「すみません。それだけは勘弁してください」
彼女「すみません」
オッサン「風呂に浸かったまま、すみませんって・・・お前ら反省しとるとか!」

と、予め決めておいた台本通りの展開。

オッサン「キチっと立って起立しろ!反省しろ!」

僕もチンポ丸出しでその場に起立。
彼女にも、「早くして!」と促す。

彼女は抵抗するが・・・。

僕「やばいよ。早くしないと」

彼女はイヤイヤと言いつつも、胸とアソコを手で隠しながら立った。
オッサン

「ちゃんと手を横にして(気をつけの姿勢にして)すみませんと言え!警察行きたいか!」

僕は彼女に、

「もう二度と会う人じゃないから、見られても良いからちゃんとしようよ!」

と促す。
彼女は半べそかきながらDカップの胸をオッサンの目の前に晒した。

もちろんアソコの手も退かした。
ちなみに彼女のアソコは剃毛済なので、縦ラインが見えます。

僕「警察は勘弁してください」

僕は謝罪を繰り返しました。
オッサンは勃起したまま彼女の体のすぐ前まで来て、じっくりと視姦しました。

するとオッサンは、「よし今回の事は見らんかった事にする。でもお前らは俺が見よらんやったら、そのまましとったはず。続きをやれ!」と。
これも台本通りです。

僕「わかりました。やれば良いんですね?」

彼女は激しく抵抗した。

彼女「イヤよ!」
オッサン「イヤなら警察行こう。もちろん親にもこの事を言う。俺はこの町の人間でお前らみたいな奴が最近多いけん、見回りばしよる」

彼女には『親』の一言が効いたようだ。

オッサン「俺はソコの陰におる。誰も来ないように見張りしてやる。真面目にやったら帰ってよかぞ」

僕は彼女を浴槽の淵に手をつかせ、バックから彼女の細い腰を抱えると、オッサンに見えるようにして挿入した。
これはわざわざ福岡から来てくれたオッサンへのサービスだ。

オッサンへ見えるようにバックからした僕たちは、いつの間にかオッサンの気配を感じなくなってました。
まあこれも演出ですが・・・。

するとオッサン、階上の脱衣所から・・・。

オッサン「おーい。お前らの洋服は貰って行くぞ!裸で帰れ!」

なんと鬼畜のような事を言うじゃありませんか!

彼女「ダメー絶対ダメ、やめてください。ごめんなさい」

必死な彼女は、とうとう泣き出してしまいました。

オッサン「よし、じゃあ今からソッチ(浴槽)に下りてくるけん。させろ!」
彼女は、「どうして・・・」

と泣きじゃくる。

僕「すみません。それだけは勘弁してください。フェラで我慢してもらえませんか?」

そう言って、彼女にも「フェラだけしてやって。裸じゃ家に帰られんから・・・」と、泣く彼女を説得した。

何分か押し問答の末、彼女は渋々承諾。
オッサンは浴槽に下りてきて、浴槽の淵に掛けた。

オッサン「真面目にやれよ!」

オッサンに仕方なくフェラする彼女・・・。
正直、僕はオッサンにフェラするのはかまわないんだけど、口内発射だけは止めて欲しかった。

それならいっそ彼女とやって欲しいと思った。

僕「すみません。お願いですから口の中に出すのは止めてもらえますか?」

彼女も同意する。
オッサンは、「ダメだ」と言いながら僕の顔色を窺っている(笑)

僕「どうしても口だけは止めてください。代わりになんでもやります」

オッサンにそう言ってから僕は彼女に、

「頼む。口に出されたら、もうキスできないよ。頼むから我慢してセックスにしてもらって!」

と言った。
彼女は泣いている。

僕「セックスなら俺も我慢できる。今日の事はお互い忘れよう」

彼女は頷いた。
彼女はオッサンの股間から顔を上げ、オッサンを軽く軽蔑した顔で睨んだ。

彼女は黙って壁に向かっている。

オッサンは僕を『いいの?』って顔で見てる。
オッサンは彼女の背後から胸を鷲掴みした。

彼女「やめてください。早くしてください」

オッサンは彼女のアソコに唾液をつけた・・・。
オッサンは自分の一物を握ると彼女の背後からゆっくり挿入した。

そして彼女の腰ではなく、尻を掴みながらゆっくり味わうように腰を振った。

彼女は泣き止み、軽蔑の眼差しだ。
不覚にも僕はその光景で勃起してしまった・・・。

オッサンはだんだん腰のフリが早くなってきた。
そして約5分程で、「イクぞ!」と言った。

彼女は外れようとしたが、オッサンは彼女の細い腰を掴んで外さない。
女性は前からの攻撃には抵抗できるが、後ろからの攻撃には以外と弱いものだ。

よく正常位で犯すシーンがAVで見られるが、あれは嘘だ。
僕はまさかオッサンが中出しするとは思わないが、念の為言った。

僕「すみません、外に出してください」

オッサンは、「ハイ!」と改まって言った。
腰の振りが速くなったと思ったら、オッサンは彼女から抜いて外に出した。

彼女はそのまま浴槽にしゃがみ込んだ。

オッサン「もういいぞ。帰れ!」

僕は彼女を引っ張って階上の脱衣所へ行って服を着た。
ちょうどその時、脱衣所にいた中年のオッサンと鉢合わせになった。

そのオッサンはビックリして目を逸らしていた。
だって彼女は呆然とタオルも無しに壁に向かって突っ立って泣いていたからだ。

その後二人で車に乗り込みホテルへ向かった。
彼女は、「ごめんなさい」と泣いていた。

僕はちょっと悪い事したかな・・・と思った。

でも、それから彼女には僕の性癖であるスワップ趣味を告白。
今では彼女に理解してもらって、徐々にだが、相互鑑賞を中心に仲間を増やしている。

その後、オッサンからメールが入った。

『この前はどうも!本当に来ていただけるとは思いませんでした。とても貴重な経験をさせていただきました。

彼女さんはアレからどうですか?お二人の仲は大丈夫ですか?

彼女さんのおまんことても良かったです!佐藤さんには申し訳ないと思いながらもお言葉に甘えさせていただきました。

彼女さんはとても良いものをお持ちですよ!
中がザラザラしてるのは初めてです。私には小さすぎるかも・・・。

いえ、別に私のが大きいって事じゃないですよ。佐藤さん、本当にお世話になりました。
また私にできる事がありましたらお手伝いさせて下さい。

お体お気をつけて・・・◯◯より』