ぽっちゃりブスな女性警察官に中出しヤリ逃げ

今から20年前の話です。私は就職していましたが、5ヶ月の研修があり、その最後に修学旅行が一泊でありました。場所は宮島でした。夜の宴会が終わり仲間五人とホテル地下のラウンジで飲んでいると、私たちと同年代の女性2人が新たにラウンジに来ました。

2人ともホテルの浴衣姿で色気がありました。1人はとびきりの美人でもう1人はどちらかと言えばぽっちゃりなブス、当然私たちはみんな美人の方に興味をもち、接近しましたが、私は一人ぽっちゃりなブスにアタック!直ぐにラウンジからの連れ出しに成功!

でも部屋に連れて帰るのは無理です、私は考えました、宴会が終わって片付けたばかりの宴会場が頭に浮かび宴会場に連れて行きました、宴会場は朝食の準備がしてあり綺麗に片付けてありました。ぽっちゃりなブスの子と思っていた子もよくみると可愛く見えてました、

私が座布団の上に寝かし、浴衣の襟から手を入れて柔らかいオッパイを揉むと「やさしくして」と声が漏れてます、すぐに浴衣の腰ひもを取り、パンティとブラだけにすると以外にもスタイルいい、ウエストはシマリ胸は大きい、ブラを外すと大きなピンクな乳首が出てきて思わずしゃぶりつくと「嬉しい嬉しい」と言って私の頭を胸に押さえ付けてきた、

何が嬉しいのかと聞くと、いつも美人の友達の引き立て役でモテなかった自分に最初からアタックしてくれたのが嬉しかったとの事、私は彼女が凄く可愛く思えた、パンティを取ると気持ち程度しか生えていないのでピンク色のあそこから透明の液体が流れているのがわかった、

私が口をつけ液体を舐めて舌をオメコの中に入れるように愛撫すると「久しぶりなの」と言い、私の頭を自分の股に押さえ付けてくる、私は液体を一滴も残さずに舐めた、今度は私のもしゃぶって貰う為、バンツを下ろし彼女の顔の前に勃起してカチカチになった物を出した「えっ大きい」と言いながら濃厚なフェラが始まる、

これが凄く上手い約10分、シックスナインの体勢でお互いの性器を舐めあった、私も我慢の限界になり彼女を座布団の上に寝かせ正常位で合体、彼女「凄い気持ちいい、激しくして」と言いながら私にキスを求めてくる、私は唾液を彼女の口の中に大量に流しながら腰も激しくついた、酒が入ってるせいか、長くもった、今度はバックから突きまくった、

すると彼女は「いく~」と叫び、身体から力が抜けるような感じになった、いったのだろうが、私は腰を突きまくった、やっと私も最後を迎え、彼女に中に出すよと聞くと「中に出すのは止めて口に出して」と言うので口に大量に出すと彼女は全部飲んでくれた(^O^)セックスが終わり色々な話をした、

彼女は警察官だった、見知らぬ男性とのセックスも男性の精液を飲んだのも初めてで、セックスでいったのも初めてだそうだ、彼女が言うには旅行と飲酒で解放感があり大胆になったと言っていた、凄く彼女が可愛くなり、また抱き締めた、今度は彼女が積極的になり、終わったばかりで小さくなった、

私のモノをパンツから出してフェラしてくれた、直ぐに元気になり、二回戦さっきのようにバックから突きまくったら、五分で彼女は「いく~」と言って腰が砕けた、私は彼女の腰を支えて後ろから突きまくった「またいく~」と直ぐに腰が砕けた、

私は彼女の腰を支えて後ろから突きまくった「いく~ダメ~いく~」の声に合わせるように今度は彼女の膣内に放出してしまった、全てが終わり、中に出した事も許してくれた。それからまた色々な話をした、

彼女、「こんな気持ちいいセックスは初めて」このまま別れるのは嫌だと言って私の連絡先を聞いてきた、携帯のない時代だったので、職場の番号を教えた、が私には妻子がある、もったいないような気がしたが、その後、職場へ何回か電話があったが無視した!後から仲間の話を聞くと美人の子は固くて何もできなかったとの事だった。