指名しているデリヘル嬢とパチ屋で偶然会ってタダで店外SEXさせて貰った

当時俺はアイリちゃんという巨乳のデリヘル嬢に良く通っていた。
ただ、それほど収入があるわけじゃないので、パチンコに行き、勝ったら会えるって程度の頻度だった。

ある時、駅前のパチンコ屋で3万円分くらい出て、今度アイリちゃんに会えるなとか思いながら打っていた。
そしたら隣にTシャツにホットパンツという、超エロイ格好の女が座ってきた。

もちろん気になり、ちらりと顔を見るとなんとアイリちゃんだった。

さすがプライベートで声かけられたら嫌だろうと、気がつかない振りしてたらアイリちゃんが、「あれ?○○さん」と逆に声かけてきた。

話し始めてすぐアイリちゃんが当たり、そこから大連荘。
あっという間に10万円分近く出た。

俺はアイリちゃんと話せてるので止めることも出来ずダラダラ打ち、一万くらいの勝ちに収まった。

そして換金し帰ることになったのだが、俺は車でアイリちゃんは電車で来たという話をしてた。

俺は「じゃあ適当なとこまで送る?」とダメ元で聞いたら?
「いいの?」と結構ノリノリな反応。

車内でアイリちゃんが「○○さん良ければ今日ちょっとお仕事してもいいよ」といわれた。
もちろんお仕事というのはデリヘルのプレイの事。

俺は迷ったが「んーでもアイリちゃんにお金払えるほど勝ててないから・・・」と正直に言った。

そしたら「今日のお金は私が隣で勝たせて貰った分ってことでww」って感じ。
多分相当気分良かったんだと思う。

俺も「じゃあ・・・お願いするかな」とラブホに車を向かわせた。

ラブホに入り、デリヘルでするように2人でシャワーを浴びベッドへ。
いつもするように、まずアイリちゃんの巨乳を思う存分楽しんだ。

ただで揉みしだく巨乳はいつもより揉みがいがあった。

アイリちゃんはFカップで、体がかなり細く胸と尻にだけ肉が付いてて、とにかくいい体。
そして巨乳の感度もよく、乳首を舐めるだけでマンコが良く濡れた。

そしていつものように、手マンでアイリちゃんが巨乳を震わせながらイクまで攻めた。

そして今度はアイリちゃんが俺に乗っかり、キスから全身リップをはじめる。
アイリちゃんは唇や舌を俺の体に這わせながら胸も常に俺の体に密着させ、全身を気持ちよくしてくれる。

そしていつものようにフェラでフィニッシュ・・・するんだろうなと思ってフェラをされていると

「・・・○○さん今日しよっか?」

と言われた。
もちろん本番の事だとわかったけど、実は以前「禁止だから」と断られていたので「良いの?」と聞くと

「んー今日仕事じゃないし・・・あとやりたいかもw」

と言われた。
もちろん、とばかりに俺は起き上がりアイリちゃんを組み敷いてゴムを装着し挿入。

以前やれなかった女に挿入する。
この満足感は男性なら絶対わかるはず。

全部入った時は、本当にそれだけでイキそうになる位の満足感だった。
それで腰を振れずアイリちゃんに身体を預けてるとアイリちゃんが「なんか凄い久々な感覚」と口にした。

「なんで?」と聞くと彼氏と別れてからデリはじめたのは聞いてたけど、それから恋人できてなくて挿入は一切してないって話してくれた。

そんなこと聞かされた俺の男としての征服欲は非常に高まって、イキそうな感覚も収まったので腰を振りはじめた。

俺の目には、まるで別の生き物のようにブルンブルン揺れる巨乳が映り、当然それから目を話せないまま夢中で腰を振った。
アイリちゃんは両手でシーツを掴み、俺の激しいピストン運動を受け止めてくれた。

その後アイリちゃんに「どんな体位がすき?」と聞いたら「う~んバックかな」と言ったので次はバックで、アイリちゃんを四つん這いにし、後ろから挿入した。

さっきも言ったように、アイリちゃんはガリガリなのに胸と尻にだけ肉が結構付いてるっていう体型。
当然肉厚の尻に当たると非常に気持ちいいしやりやすい。

今度は最初から激しく腰を振ると、アイリちゃんはシーツに爪を立てるようにして耐えている。
時折頭をイヤイヤとするように振り、喘ぎ声というより鳴き声や叫び声のような声を上げる。

俺の中のSっ気がどんどん高まり、尻を鷲掴みにして、これでもかと言わんばかりに奥までチンコをたたきつけた。

それだけでは我慢できなくなり、「これやったら怒られるかな?」とか思いつつ、アイリちゃんの尻を音が大きくなるように叩いた。

さっきまでの腰を尻に叩きつけるパンパンという音と、尻を叩く音が部屋に響く。
アイリちゃんはというと「いや!ダメ!」と口にはしたけど、身体は全然逃げようとしない。

Okなんだなと思って、思う存分尻を叩き腰を振った。

すると

「・・・イッちゃいそう」

と口にしたので

「イッていいよほらイケって」

と言いながら全力で腰を振ったら、

「イクイクイク」

と言った直後、背筋がググッと反ったと思ったら、尻を突き上げた状態で脱力した。
俺は休憩もかねて、アイリちゃんのマンコにチンコを奥まで突き刺したまま頭を撫でた。

「イッた?」
「うん凄かったw」

とちょっと照れ笑いをしながら答えてくれた。

「お尻叩いちゃってごめん」というと「あーあれねお尻叩かれるの好きだからいいよ」と言ってくれた。

その状態でちょっと話してたらアイリちゃんが「次、私してあげるよ」と言って騎乗位してくれた。

「久々だからやり方忘れたかも」

と言ってた通り、あんまり上手くはなかったw
だけど巨乳がブルンブルン揺れる様を再びじっくり鑑賞した。

俺の上で腰と乳を振るアイリちゃんはとても可愛くて、俺は抑えきれず下から突き上げた。
余りに気持ちよかったのか、アイリちゃんは「アン!」と叫びながら俺の頭の横に両手を付いた。

すると当然俺の顔には、釣鐘状になった巨乳がもたれかかって来た。
俺は巨乳の柔らかさを楽しみながらガンガン突き上げた。

最期はまた正常位に戻り射精した。

俺的には胸を鷲掴みにしたまま腰振ってイキたかったのだが、アイリちゃんがイク時はキスしていたいというのでキスしながら射精した。
恋人のようで気持ちよかった。

それからデリヘルで呼んだときもエッチしてくれるようになったので、それからも何度もアイリちゃんとはセックスを色々と楽しんだ。

おしまい
駄文失礼しましたw