ツーショットチャットで知り合った男性に処女を捧げた初体験

24歳になっても男性経験はもちろん、付き合った事すらない私は周りの友達が結婚しだして、なにより会社の女子社員同士のエッチな会話にもごまかしながらついていってる状態で焦ってました。

そこで誰にも知られず処女を卒業したいと思い、ツーショットチャットで部屋を開き最初に来た人に卒業させてもらおうと決めました!

入って来たのは8歳上の人でチャットしだすと驚いてましたが「俺でいいの?」とか言ってくるので、そんなにガッついてないから優しくしてもらえそうに思えたので「はい」と返事し携帯のメアドと番号を交換して部屋を閉めて続きは電話で、アドレスと写メも交換し、見た感じも優しそうだったので夕方池袋で会うことになりました。

待ち合わせ場所には写メ同様に優しそうな男性が「写メよりかわいいね!」と言われ嬉しくなりました。

早速ホテルに行くのかとドキドキしたけど「何か食べようよ」と居酒屋に軽く飲み食いしながら話ししているうちに打ち解けていきました。

店を出ていよいよホテルに…さっきまでは並んで歩いてたけど店を出たあと手をつないできてくれたので、普通のカップルがホテルに入るように自然に入れました。

パネルで部屋を選ぶんだってみていると「どの部屋にする?」と聞かれたのでシンプルな部屋にしました。

部屋に入ると綺麗な部屋で、大きなベッドを見ると「ここでこれから初体験するんだ」と思うとドキドキ感がましてきました。

「先にシャワーするね!それとも一緒にする?」と聞かれ恥ずかしかったので先に入ってもらいました。

思ったよりも早く上がってきたので続いて私も、念入りに身体を洗いました。

シャワーから戻ると「出会えた事に乾杯!」とソファーに並んでビールを飲みました。

グラスを置くと肩に手を回してきました。

見つめられるので目をそらすとキスされました。

初めてのキスでした。

立ち上がり抱きしめられると心臓がバクバクしているのを感じましたがなぜか冷静でした。

フトンをめくり横たえられ再びキス…バスローブの上から胸を揉まれました。

表現しようのない経験したことのない感覚がして自分の口から息が漏れてました。

しばらくするとバスローブの帯が解かれ、同時に上半身を起こされてバスローブから袖を抜かれ、ホックを外されブラも取られました。

思わず手で隠しましたが、優しく手をどかされ「大きくて綺麗なオッパイだね」そういうと彼もバスローブを脱ぎました。

パンツははいていなくて大きくなったオチンチンが目に飛び込んできました。

これが入ってくるんだ!と思っていたら、再び横たえられ彼は胸に顔を埋め乳首を口にふくみました。

さっきとは全然違う感覚に自然に声が出てしまいました。

オッパイを攻めながらパンティの上から触ってきました。

そうしてパンティに両手をかけてぬがされ直接触ってきました。

しばらくしてふと気がつくとぴちゃぴちゃ音がしました。

「私そんなに濡れてるんだ」自分でも驚きました。

そのうちに胸からお腹、お腹から下へとキスが移動していき誰にも見られた事のない部分を見られました。

「綺麗だよ」そういうと初めて見られた所にキスされました。

今まであげた事のない声を上げてしまいました!だんだん変になってしまいそうでした。

「ホントに初めてなんだね?」と言われて私は頷きました。

「じゃあゴム着けると痛みが増すからこのまま入れてあげるね」と言われて私は痛いのは嫌だったので「お願いします」と言ってしまいました。

オチンチンが入り口を行ったりきたり、時には全体を押し付けてきます。

ドキドキ感は最高潮でした。

「入れるよ…」不意に入り口が押し広げられる感覚がしたかと思うと感じた事ない熱い痛み…それも段階的に痛みが増してきて想像以上の痛みでした。

さすがに痛みが増すごとに「痛い!」と言ってしまいました。

「もう少しだから我慢してね」と言われても、その少しという時間がものすごく長く感じられました。

それと同時になんでこんな事したいなんて思ったんだろうって後悔しました。

「全部入ったよ!」奥まで入った実感よりも入り口辺りのヒリヒリ熱い痛みだけが感じられました。

しばらくそのままにしててくれたけど「じゃあ動くからね…」私の返答を待たずに動き始めました。

内臓が突き上げられる感覚と同時に再び激しい痛みが走り動きに合わせて「痛い!」を繰り返してシーツを掴んで耐えてました。

早く終わって欲しい、そればかりを考えてたら「キツイからすぐにイキそうだ!」もうすぐこの痛みから開放されるんだと思ったら、動きが早くなり痛みが増して来て気がおかしくなりそうでした。

「イクよ!イクよ!イクよ!」言われる度に大きく頷きました!「ウゥッ!」動きが止まり上体をそらしました。

「えっ!外じゃないの!」っと思ったら上体を私に預けてきました。

激しい痛みからは開放されましたが、まだかなりの痛みがあります。

抜かれる時もすごく痛みました。

ゆっくり上体を起こしてみると最初見た時に比べて小さくなった血まみれのオチンチンと私の血で汚れたシーツが目に入りました。

「よく頑張ったね!これで処女は卒業出来たよ!」と優しく声をかけて肩を抱いてくれたので、もたれ掛かりシーツの血を見てついに体験しちゃったんだと思いました。

少し落ちついてから「中に出したん…ですよね?」私が聞くと「イクよって言った時に何度も頷いてたから…まずかったの?」計算では大丈夫なはずなので「たぶん大丈夫です」と答えました。

シャワーを浴びようと立ち上がったらブリッ!音がして中からドロッとしたものが出てきました。

すぐにバスルーム入りました、鏡に写った姿は胸やお腹にはいくつかのキスマーク、ふとももには血の跡とドロッとしたピンクの液体が…何よりもまだ痛みがあり、抜いたはずなのに中にまだ大きな異物感が…間違いなく1~2時間前の私ではありませんでした。

シャワーをあびるとドロッとしたのがネバネバ粘りつき落ちにくかったです。

バスルームから出ようとしたら再び中から溢れる出て来たので、再びシャワーしたりで結構時間がかかりました。

ホテルから出て駅で別れるまで痛みをこらえて普通に歩きました。

電車に乗って帰る時も周りの人は絶対知らないはずなのに、自分の中の異物感が恥ずかしく思えましたし、中からはまだ溢れ出てくるので匂わないか心配しました。

駅から自転車に乗ろうとしたら痛くて乗れませんでした。

駅から自転車を押しながら、慌ててしなくてもよかった。

その思いが強く残った初体験でした。