女装した従弟に興奮して気付いたら俺の方がフェラしてた

つい先日のこと、6歳年下の高校生の従弟に女装癖があるのを知った。

従弟に用事があり家を訪ねると玄関が開いてるのに返事がない、部屋で待とうと思って従弟の部屋をいきなり空けたんです。
そこには高校生の女の子が・・・いやよく見るとなんと従弟が自分の姉の高校時代の制服を着て女装していたのだ。

大人しい性格で気弱なところもある従弟、「お願いだから誰にも言わないで」と泣きそうな声で言う。

その姿にキュンと来てしまった、なにせ従弟は男にしては華奢な体つきなので武骨な男が女装したキモさは全くなかった、ウィックまで付けていたせいかボーイッシュな女の子さえも通り越して女の子そのものであった、不覚にも可愛いと思ってしまった。

従弟は制服を脱ごうとしたが俺が

「脱がなくていい、誰にも話さないから、実を言うと俺だって女装ぐらいしたことあるよ(事実です)」

と安心させた、そして

「俺が女装した時は鏡を見てキモっと思った、ほら俺は小学校からずっと空手やってるから筋肉質だろ、だから女装した姿を見た時は愕然となったよ。でもお前はマジで似合ってるし可愛いからうらやましいよ」

と言った。羨ましいと言うのは正直な気持ちで、俺にも女の子になってみたいと言う願望はある、でも体格のせいで女の子にはなりきれないのだ。

女装した従妹と一緒の部屋にいると女の子と一緒にいる錯覚に陥った、長い髪のウィックのせいなのか顔はどう見ても女としか思えない、胸はさすがに膨らんでないが貧乳の子だと思えば違和感もない。

脚もすね毛まで処理してるのかわからなかったが黒いタイツを履いてたので、たとえすね毛がそのままだっとしてもタイツに隠れて全くわからなかった。どこから見ても今時の女子高生だ。

俺自身女性経験もなく20過ぎても童貞だ、

「こんなに可愛いなら従弟でも・・・」

そんな考えも頭をよぎった。でもほんの少し残ってた理性が

「いくら女装して可愛くても初体験が男なんて一生後悔するぞ」

とブレーキをかけてくれた。
しかしそれで性欲が収まったわけではない、俺は恥も外見もなく従弟に

「頼む、黙っててやるから抜かせてくれ」

と頼んだ。
従弟は不安そうに

「僕は犯されちゃうの?」

と聞いてきたので

「俺だってアナルに入れる趣味はないから安心しろ、もしかして制服とか汚しちゃうかもしれないけどちゃんとクリーニングしてやる、だからお前で抜かせろ」

最後はほとんど命令口調だった。

「秘密にしてくれるなら」
「当然だ俺だって従弟で抜いたなんて人に言えるわけねーだろ」

ベッドに座らせてキスした、嫌がるかなと思いきや従弟から積極的に舌まで入れてきた。

「お前もしかしてその趣味あるのか」

と聞いたら

「本当のことを言うけど女の子になって犯されたいと言う願望がある、犯されてもいい」

と衝撃的な発言をした。その一言を聞いて「どうにでもなれ」と言う気分になった。
無い胸を揉んでも仕方がないのでいきなり脚に手をやった。

タイツを通して柔らかい肌の感触が伝わってきた、これが本当に男の脚なのかと思うほどだった。
スカートの中に手を入れて股間を触る、なんと従弟は既に勃起していた、さっき言ったことは本当なんだと悟った。

タイツと女物のパンツを少し下げると男であることをごまかしようもないものがあった。

俺はもう頭がおかしくなっていた、男の象徴を目にしてるにもかかわらず、既に俺の頭では従妹を男と理解してないのだ、これは女子高生のチンポなんだ、彼女の体から出る体液を口に出してほしい、俺は完全に壊れてた。

勃起した物をためらいもなく咥え顔を動かした、しかし従弟は一向に射精する気配がない、無理もないフェラなんて初めて(当然だ)だから従弟だって気持ちいいはずもない。

でもどうしても口に出されたかった。

従弟に

「お前の手でオナニーしてくれ、いきそうになったら言ってくれ」

そういうと従弟は手でオナニーし始めた、そして2分ほどして「出そう」と言うので俺は再度咥えた、咥えた瞬間生温かいものが俺の口の中にドクンドクンと出た。

マズイとは思ったけど嫌悪感は全くなく

「女子高生の制服着てスカート履いて黒いタイツ履いた体から出た液なんだ、こんなに可愛い子の体から出た液が今俺の口に注がれてるんだ」

そう思いながら飲みほした。

とりあえず長文になったので続きはまた後日にします。