ポルノ映画館で知り合った男の娘をお持ち帰りした

久々に映画館に行ってみた。同じ趣味の人の間には有名な都内某所。
ここは昔からそういう場所だが、近年大規模な改装を施し、かなりきれいになった。

とは言っても集まる人種は相変わらずだけどね・・・。

週末は土曜日の午後。
2階のロビーには3~4人の女装娘がたむろしている。

しかしどれをとっても俺の趣味ではない。
一瞥して中に入った。

土曜日でも昼過ぎくらいの時間だとそんなに混雑はしていない。
とりあえず一番後ろの壁に寄りかかり、館内を見渡してみる。
目が慣れてくると同じ壁沿いの奥の方で親父連中が3人で1人を責めていた。

「やってるやってる・・・」

1メートルくらいの距離まで近づいて触られているのがどんなヤツかと観察してみた。

「えっ?女?」

顔つきもそうだが、チラチラ見える胸元もパットやボールではなくどう見ても自然に膨らんでいた。

俺もここには何度も来ているが、女が(この時点ではそうとしか見えなかった)痴漢されている現場を見るのは初めてだった。
ポカンとして見ているとその女と目が合ったのか、次の瞬間、思い切り3人を振り払って俺の腕にすがり付いてきたのだ。

「助けて、お願い」

小声だがはっきりとそう聞こえた。
しつこく追っかけてこようとしたヤツもいたが、一睨みしたら諦めたようだ。

「ありがとう。あいつらしつこくて・・・」

最前列の椅子に並んで座ると腕を絡ませて俺の肩に頭を付けたまま「彼女」は礼を言ってきた。

「あんたのその格好じゃ狙われるだろうさ」

勿論、元々は男だということだが、新宿や渋谷あたりを歩いている女子大生みたいなヒラヒラのミニスカート、タンクトップにサマーカーディガンの上半身、しかも胸元には谷間まで見える。

顔つきもそのままで女として通用するくらいのきれいな感じで同類の有名人で例えると佐藤かよ(だっけか?)を連想させるほどで、ショートのストレートの髪型がよく似合っていた。

胸の膨らみは女性ホルモンの定期的な注入の成果ということだが、下半身の方はまだとってないらしい。
その手術を受けたいためニューハーフのお店で働いているとか。

ここには半年ほど前から月に1~2回程度来るらしく、その度に軽く触られたりはするが、今日のようなしつこいのは初めてだったとのこと。
1人で突っ立っている俺を見つけて縋ってきたとのことだった。

「俺にも同じことされるとか考えなかったの?」
「そんなことよりもあの連中から逃げたかったの。あなたが優しそうでよかった」

正直、俺もあの時は隙あらば触ってやろうかと思っていたのだが、そんなことは言わないほうが良さそうだ・・・。

「ねぇ、このあと時間ある?」
「暇だからここに来たんだ」
「デートしようよ、お礼の代わりと言っちゃなんだけど」
「いいよ。飯でも食うか」
「じゃあ支度するから外で待ってて」
「あいよ」

さすがにあの格好じゃポルノ映画館からは出られないよな・・・と思いつつ、外でタバコを吸いながら待つこと10分。
出てきた「彼女」を見て改めて驚いた。

頭にはキャップをかぶり、タンクトップの上から薄手のジャンパーを羽織っている。
下はジーンズにサンダル。

あの形の良い胸はどこにしまったのかと思うくらいカモフラージュされていて、そこらを歩いているちょっとイケメンのお兄ちゃんにしか見えなかった。

「ほんの数分で性別まで変わるんだな」
「上手いでしょ」
「たいしたもんだ」
「でも胸がきついの。ちょっと公園のトイレに入るね」

トイレから出てきた「彼女」の胸元は元通り膨らんでいた。
ブラジャーの紐がチラッと見えている。

ご丁寧にサンダルまで女物に履き替えている。
見た目は完全に女だった。

しかもかなり上レベルの可愛さの・・・。
ちょっと呆気にとられていた俺の腕に絡むとそのまま繁華街の方へ歩き始めていた。

「彼女」の名はマコト。

本人いわく戸籍上は「真」、でも普段は「真琴」ということだ。
ウソかホントかここで問いただしても意味ないが、ここまで凝ったウソも言わないだろうと思うからホントなんだろうな。

「俺は○○(本名)。仲間からは万太郎って呼ばれている」
「何で万太郎なの?(笑)」
「俺も知らんよ。なんかそういう雰囲気なんだとさ。訳わからんが、悪い響きじゃないしもう数年に渡って呼ばれ続けていると愛着も出てくる(笑)」
「じゃあ私もそう呼んでいいよね」
「いいよ。俺もマコトって呼ぶから」

と言いながらも、話がはずんでくるとお互い「万ちゃん」「マコ」と呼び合うようになり、そのまま定着してしまった。
居酒屋を出て時間は8時前。

マコはまた俺の腕に絡みつき、ご機嫌で歩いていたが、ふと足を停めてこっちを見る。

「ねぇ万ちゃん、まだ時間あるの?」
「俺は全然大丈夫だよ。明日も休みだし、1人住まいだから自由なもんだ。マコは仕事はいいのか?」
「私も今日はオフだから」
「ならもう一軒行くか?」
「そうじゃなくて・・・」

こっちを見つめるマコの目が艶っぽい。
おいおい本当にこいつ男かよ・・・。

それ以上の会話は不要だった。
そのままホテルにチェックイン。

人通りの多い道沿いのホテルだったが、見た目は普通の男女だもんな。抵抗なく入れたよ。
部屋に入った途端にマコは抱きついてきた。

そしてそのまま唇が触れ合い舌が絡まりあう。
俺は服の上からマコの胸を揉みながら、マコは俺の股間を弄りながら・・・。

両刀使いの俺だが、マコは言ってみれば男と女の中間。
見た目は女だが下半身には男を示すものが付いている。

こういう相手は初めてだったから俺もかなり興奮していた。
糸引くようなディープキスを10分も続けていただろうか。

俺の股間はマコからの刺激もあってそれだけで限界に近くなっていた。
唇を離し、ベッドに押し倒そうとするとマコはスルリと逃げて履いているジーンズを脱ぎ始めた。

「先にお風呂入ろうよ」
「一緒に入るぞ」
「勿論だよ」
「じゃあ脱がせてやる」

マコに近づきタンクトップを脱がせるとブラジャーに覆われた形良い胸があらわになる。
ただの女装の男だとここでブラの下にパットやボールが入っているから興ざめすることもあるが、マコは間違いなく本物の胸だった。

抱きしめるように背中に手を回し、マコの唇を吸いながらブラのホックを外す。
舌を絡めながら胸を揉み、乳首を指で転がすと、塞いだ口から喘ぎ声が漏れる。

そうしながらマコも俺のズボンのボタンを外し、チャックを開けるとパンツごと下ろしていきり勃っているモノを握ってきた。

「固くて大きいね」
「マコのオッパイもきれいだよ」
「早く浴びよう」

浴室に入りシャワーを全身に浴びる。
マコがボディソープを手に取り、首筋からずっと全身を洗ってくれる。

向き合っているとマコの股間も勿論目に入るが、子供の親指程度の皮を被ったままのモノが申し訳程度にぶらさがっていて、しかも勃ってもいない。

「マコは勃たないのか?」
「うん。全く勃たない訳じゃないけど万ちゃんみたいに固くはならないよ。ほとんどおしっこするだけのものになっちゃった」
「射精もしないのか?」
「それはするけどね。飛ばないけど」

攻守交替して今度は俺がマコを洗い始めた。
マコが洗ってくれた泡を落とさずに抱きしめて身体をこすり合わせるようにしてやった。

「あん、いやん、くすぐったい」
「気持ちいいだろ」
「気持ちいい・・・」

背後から両手で胸を揉むように洗って(ほとんど揉む動作に入っていたが)、尻の割れ目に固く勃ったモノを挟みながら耳を舐めてやる。

「いやん、そこダメぇ・・・」
「マコの性感帯見つけた」

尚も耳を攻めると、マコは上体を反らせて喘いでいる。
顔がこっちを向いたときに唇を重ね舌を絡ませる。

「ん・・むふぅ・・・あん・・・」

マコの手が後ろ手に俺のモノを握って扱きはじめる。

「うっ、マコ上手いな」
「ねぇ、舐めていい?」
「ああ、やってくれ」

マコはシャワーで二人の泡を洗い流すと俺の前に跪き正面からパクッと咥えこんだ。
口の中で舌を使って先端をチロチロと舐めて見たり、ハーモニカのように唇を滑らせたり、竿を持ち上げて袋に舌を滑らせたり、いろいろなテクニックで感じさせてくれたのだ。

「あぅっ、マコ、もう出ちゃうよ・・・」

頭を前後に動かしながらマコが頷く。
俺はマコの頭を両手で掴むとそのまま腰を前に突き出した。

と同時にマコの口の中に大量に射精してしまった。
自分でも驚くくらいの量だったがマコはそのまま最後まで吸い取りきれいに舐めとってこっちを見上げた。

わざとそうしたのか、口の端から俺の出したザーメンがあふれ出てくるのが妙に色っぽかった。
そのままマコを立たせると俺のザーメンが残る口に吸い付き、舌を絡め合った。

バスタオルを腰に巻いて部屋に戻る。

後からマコが胸元から同じくバスタオルを巻いて出てくる。
ベッドに座った俺の横に座ってもたれかかってきた。

肩を抱いてこっちを向かせて唇を重ねる。
すぐに舌が絡まってきた。

「んん・・・あん・・・」

また可愛い喘ぎ声が漏れる。
声まで女の子だから余計に興奮する。

そのまま押し倒してキスしたままバスタオルを剥ぎ取り、胸を揉み始めると息も荒くなってきた。

「はぁはぁ・・・うん・・・やぁ・・・」
「乳首勃ってるぞ」
「恥ずかしいよぉ・・・」

首筋から徐々に唇と舌を這わせて、そのまま乳首に到達。口に含んで吸ったり舐めたりを繰り返す。
そうしながら右手をマコの股間に這わせていくとさっき浴室で見た柔らかいままのチンポコがある。

軽く握ってしごいてやると多少は固くなるもののやはり俺のようにはならない。

「あぁ~ん、だめそれぇ・・・」

マコは身をよじって悶えている。

「これだけでそんなに感じるのか」
「だって上手なんだもん、優しくて気持ちよくて・・・」
「もっと感じさせてやるからな・・・」

俺は乳首からさらに下半身にむけて舌を這わせていった。脇腹を舐めたときは腰を跳ね上げて感じている。

「はぁん、もう、だめぇ・・・」
「ここもマコの弱いところか」

マコの両足をM字に広げさせて小さなチンポコを優しく掴んだ。

「あん!やん!だめぇ・・・」

何をされるのか察しはついているようで、両手で隠したりしてわずかに抵抗してくる。
その手をどけて竿を包んでいる包皮を剥いてやるとピンク色の中身が出てきた。

それをそのまま口に含むと、また腰を跳ね上げるようにして悶え始めた。

「あぁ・・・だめ・・・おかしくなっちゃうぅ・・・!」
「はぁはぁ・・・んぐぅ・・・!」
「いやいやいやぁ・・・」

俺はそのまま口の中で舌を使って転がしたり吸ってみたり、色々な刺激を与えてやった。
少しずつだが固くなってくるのがわかる。

「だめ、だめ、ねぇ、もう、いっちゃうぅ!」

そう叫ぶとマコは全身を硬直させるようにしてえびぞって、次の瞬間俺の口の中でザーメンを出してしまった。
普通の男のような「発射」というよりはピュッと軽く飛んだだけだったようで、喉にあたったりはしなかった。

量もさっき俺が出した半分程度のものだったし、何となく薄かったような気もした。
さすがに飲み込むのは抵抗があったからティッシュに吐き出してからマコの顔を覗き込むと、半泣きで放心状態だった。

「気持ちよかったかい?」
「・・・」
「いっちゃったね」
「・・・」

何も答えずに外したバスタオルで顔を隠す。
俺は意地悪してそのタオルを取り上げると、ぶつかるように抱きついてきて唇を重ねてきた。

俺のモノを握って扱きながら激しく舌を絡ませてくる。
何か仕返しされているようだった。

唇が離れるとマコはいきなり俺のモノを口に含んだ。
さっき浴室で出したというのに、自分でも呆れるくらいにフル勃起している。

そこにさっき同様の舌使いで責められるもんだからたまらない。

「うぉっ!マコ!気持ち良すぎるよっ!」
「万ちゃん、もう一回いかせちゃうからね」

そのつもりならと俺はマコにさせたまま、マコの下半身の方に頭を持っていってマコのチンポコを口に含んで、今度は舌で包皮を剥いてやった。

「うぐぅっ!んぐぁ・・・」

今思えば歯を立てられなくてよかったと思うくらいにマコの反応はすごかった。
まさしくマコにとってはチンポコというよりはクリトリスなんだろうな。

ペニクリとはよくぞ言ったもんだよと、その時思ったね。
さらに俺はマコのアナルにも舌を這わせた。

洗ったばかりだったしきれいなもんだったよ。
犬のようにペロペロ舐めまわしたり、尖らせて入り口を突付いたりしてやった。

「ひゃうっ!そんな・・・だめぇ・・・やめてぇ・・・」

マコはもう俺のモノを口から出して全身でよがってた。
シックスナインの体勢からマコを四つんばいにさせてアナルを舐めまくってやった。

枕に顔を押し付けてイヤイヤをするように悶えてた。
やがて責め疲れた俺は仰向けに寝転がってしまった。

マコはいつ手にしたのか枕元に置いてあったゴムを俺に装着し、口に含んで勃たせると、そのまま跨ってきた。

「おい!マコ!まじかよ」
「だってもう我慢できないもん」

言うが早いか、マコのアナルに見事に飲み込まれてしまった。
確かに俺も人一倍大きいとかいうモノでもないが、よくローションも付けずに入ったものだと思う。

また締め付けがたまらなく気持ちよくて、生だったらとっくに暴発していたと思う。
マコは俺の上で腰を振り続けている。

涙を流して涎までたらしてよがっていた。

「あん、あん、あん・・・」

下から両手でマコの両胸を揉み、起き上がって乳首を口に含む。
マコは両腕でしがみつき、キスをねだってくる。

それに応えて舌を出してやるとすぐに吸い付いてきた。
それからはずっとキスしたままで正上位に移行して、俺も限界を迎えてそのままいってしまった。

そしてしばらく抜かない状態のままキスを続けていた・・・。
結局そのまま泊まってしまい、朝を迎え、横を見るとマコが満足しきった表情で眠っていた。

「やっぱりどうみても女だよな・・・」

マコが目を覚まし、俺の顔をみてニコッと笑いキスを求めてくる。
舌を絡ませるとまたしたくなって結局朝からもう一回やってしまった・・・。

その後もマコとは付き合っている。

セックスも含めてどうも相性がいいみたいで、今のところ上手く続いている。
一緒に行きつけの店に飲みに行っても誰もマコが男だなんて見破ることは出来ない。

勿論そんなことはバラせない。
俺の彼女として認知されたようだ。

最近俺の住んでいる賃貸マンションの同じ階に空き部屋が出来たので、そこに引っ越してくるつもりらしい。
俺が両刀使いなのは知っているので「男相手の」浮気は許してあげるだってさ・・・。

この先どうなることやら・・・。