女装男子の私がアナルバージンをロストした時の話

私は、今でいう女装男子で、高校一年生の時ぐらいかな?

女の子の服に興味を持ち始めてそこから発展して女装するようになったんですけど、男の人とリアルにHしたいと思ったことはありませんでした。

恋愛対象も女の子でゲイではありませんでした。
しかし、この前はじめて男同士でHしてしまったんです。

それはある日、最近になって男とエッチするようになったという女装男子という同じ趣味を共有する男友達と遊んだとき、

「一度くらいやったほうがいい」
「男同士とエッチしたからっていきなりホモになったりしない」
「女とエッチするより気持ちいいなんて言う人もいる」

というようなことを言われ、エッチをするように長々と説得されました。
最初は、ほんとに男とエッチすることを考えるだけでもいやだったんですが、その友達も、もともとは私とおなじように、

「 男とエッチなんかしたくない」

って言ってた人だったので、そんな人がここまでいうんだから一度くらいなら本当にHしちゃってもいいかなーやってみようかなーって気持ちになっていってしまい、さらに

「私の知り合いで、ちゃんとやさしくしてくれる人紹介してあげるから」

と言われ、信頼できる友達だったので、そこまでいうならいっか、と思いエッチすることを決意し、数日後にその友達の知り合いの人とエッチすることになりました。

そして数日後、その男性の家にエッチしにいったんですが、はじめはすごく不安な気持ちでいっぱいでした。
でも、家に着き、インターホンを押してドアを空けると、そこにいたのは以外にも好青年な感じ人で、

「いらっしゃい」

と笑顔で迎えてくれたのでなんだか安心してしまい、ここまできちゃったんだから、もう後はなりゆきにまかせよう、と開き直り、家の奥へと入っていきました。

中に入ってからしばらくは、軽くお酒を飲みながら話をしてました。
女装して知らない人と会うのはあまりなれてなかったんですが、

「ほんとうの女の子みたいだね」

とか

「足細くて綺麗だね」

とか、うれしくなるようなことを何度も言ってくれたり、冗談を言って笑わしてくれたりと、とてもやさしく紳士でたのしい人だったので、どんどんうちとけていくことができました。

そして、ある程度話し終わると、

「そろそろはじめよっか」

といって、まずお機械で、私にお尻を洗うように言ってきました。
私はそれをお風呂でやり、ついでにシャワーをあびて体を綺麗にしました。

出て行くと、彼がパンツ一枚だけはいて、ベッドの上に座ってました。

「おいで」

と言われたので私は言われるがままに彼の前に座り、彼のおなかに背中をもたれて座りました。
その時私は女性用の下着をはいて、バスタオルを女の子みたく胸のあたりにまいて、本当の女の子になったような気分になっていました。

「はじめてなんだよね」

と聞かれ、私はなんだかその時の状況がすごく恥ずかしいように思えてきて、静かに小さくうなずくことしかできませんでした。

「最初はいやかもしれないけど、だんだんと気持ちよくなっていくから」

と彼はは言うと、はじめはバスタオルの上から私の胸をさわりはじめました。
なんだかいやな感じが最初はしていたのですが、今は女の子になりきろうと自分に言い聞かせて意識を胸に集中させていました。

そしてバスタオルを取られて直接胸をもまれ始めると、彼の息遣いがすぐ後ろから聞こえてきてくるのが私の気持ちをたかぶらせ、なんだか不思議な気分になっていき、私の呼吸ももすこしずつ乱れてきました。

するといきなり彼は私を仰向けに押し倒し、上から覆い被さってきました。
覆い被さった彼は私の胸に口をくっつけると、舌をうまく使いながら乳首をしゃぶってきました。

私はその時、恥ずかしさと言いようのない感覚で頭が真っ白になっていき、乳首を何度も何度も舌で軽くなめられるたびに声がでそうになるのを必死に我慢していました。

しかしその時、

「声出したいなら我慢しないで出しなよ」

と、まるで私の気持ちを見透かしてるかのように彼が言ってきたので、私はもう我慢できず

「っ、はぁん」

と彼の舌使いと共に女の子のような声をだして悶えはじめました。
すると彼はわたしの股間をまさぐりはじめ、いつのまにかカチカチになっていた私のオチンチンを触り始めました。

「ほら、こんなにかたくなってるよ」

と彼は言って、股間をさわりながらパンツをぬがしてきました。

「あっっだめっ」

といったのですがあえぎながらだったのでうまくしゃべれず、結局私は裸にされてしまいました。

あれほど男と肉体関係を持つことに嫌悪を抱いていたのに、いつのまにか完全にその行為をうけいれている自分に少し驚いていました。

そして、彼もついにパンツを脱ぎ、体を回転させて彼のオチンチンを私の口のところにもってきました。
私はその時、ほとんど何を考えているのかわからなくなり、ただただ

「くわえてごらん」

という彼の言葉に従って男同士でフェラチオしてしまったんです。
くわえてみると、なんだか息苦しくなってきたのですが、彼が

「舌を使ってなめてみて」

といってきたので、そうすることだけに集中していました。
すると、彼のオチンチンの先から、少しずつ厚い液体が出てくるのがわかり、かれも時々

「あっ、おぉっ」

と声を出し、

「そう、上手だよ」

とほめてくれたので、私はさらに気持ちをこめてなめました。
すると突然、彼も私のオチンチンをくわえて、さっき乳首をなめていたようにオチンチンをなめてきました。

私はもう何も考えられなくなり、ただ気持ちよさに酔いしれ、気づいたら

「あぁああっっ」

とあえぎ、お互いにお互いの口の中で果てました。
お互いに果てると、彼は私の口から彼のものを抜き取り、体の体勢を直して私を抱きしめてきました。

私は頭がしびれたような感じになっていてぼーっと天井を眺めていたのですが、彼は私の耳元で

「きもちよかった?」
「ほかのどの子よりもなめるの上手だったよ」

などといろいろ囁いてきて、また私は不思議な、というかエッチな気持ちになっていき、だんだん体が熱くなっていきました。
彼は私の体を起こして四つんばいの体勢にすると、私の目にアイマスクをつけて視界を塞ぎました。

「何をするんですか?」

と聞くと、彼は

「気持ちいいこと」

と一言だけ私は暗闇の中で、ついにお尻に彼のオチンチンを入れられるんだと覚悟しました。
彼はお尻の入り口当たりにぬるぬるしたものを塗りはじめ、その感触だけで私のものはもうすでに硬くなっていました。

そして彼は塗り終わると、お尻をなでながら指を穴に近づけていき、まず1本、尻穴の中へ入れてきました。
もうすでに、完全に頭のなかで女の子になりきっていたので、今度はためらはずどんどんあえぎ声をあげました。

「あっいぁあっん」

私の声はますます大きくなっていき、彼もどんどん指の数を増やし、最終的には3・4本はアナルにはいっていました。
視界をふさがれてたのが、なぜか私を余計エッチな気分にさせ、

「チンチンいれていい?」

という彼の言葉に、

「早く、早く」

とおねだりするようになっていました。
彼は私の言葉を聞き、すぐに尻穴にオチンチンを入れてきました。

ゆっくりと、ぬるっと、硬く熱いものが私の体の中に入ってきて、私はもう我慢できない状態になっていました。
彼はゆっくりと腰を動かし始め、次第にスピードを上げてきました。

私もその速度にあわせて声のテンポを上げていき、果ててしまわないように必死に堪えていました。
しかし声はとまらず、とうとう、彼のオチンチンの先から熱い液がどばっと流れ出てきた瞬間、私は

「ぁあっっん!」

と大きな声をあげて、彼のペニスをお尻でくわえながらイってしまいました。
本当に女の子になった気分で、もっともっと激しく犯してほしくて、何度もいやらしく自分からお尻を振ってお尻の穴を犯してもらいました。

彼とはそれから時々、お尻の穴を犯してもらうゲイ友達に・・・

人って不思議で、あんだけ男同士のSEXが嫌だったのに、もの凄く気持ちよくされると好きになってしまうんです。

今私が一番好きな人は、私のアナルバージンを捧げたこの彼なんです。