バイトの後輩の男の娘を凌辱したあげく黒人にハメさせてみた

夏休みでアルバイトに来た20歳の専門学校生は、どこかナヨッとした男だった。
優しい男で、俺にとても懐いて、バイトが終わってお別れする時に泣かれたから飲みに連れて行った。

「ボク、体は男なんですけど、心は女の子なんです・・・。女として、やっさんが好きなんです・・・」

俺はなぜか、この一回り年下の男が可愛く思えた。

「俺にどうして欲しいんだ?お前を、どう呼べばいい?」
「由香って呼んで欲しい・・・。そして、やっさんに由香の初めてをあげたい・・・」

俺は、由香を連れてラブホに入った。
俺が32歳まで独身なのは、俺が女を縛って凌辱するのが好きな変態だからだ。

女子高生、女子大生、OL、人妻・・・、今まで色んな女を縛り上げて、辱めてきた。
中には撮影して雑誌に投稿した女もいた。

そんな変態な俺でも、男を陵辱するのは初めてだった。
由香は華奢な体で、発育途上の少女のようだったが、股間にはクリトリスにしては大きな突起があった。

「由香、これは何だ?」
「ぺ、ペニクリです」
「こうすると気持ちいいか?」

由香のチンポをゆっくり扱いてやると先端から粘液が滲み、キンタマを揉みながら亀頭部分を擦ると・・・。

「そこを弄られると、ああ、ああ、ダメ、それ以上は・・・出ちゃう・・・」

腰をヒクヒクさせていた。

「ああ、お尻がが疼く・・・」
「由香は、アナルに何か入れてオナニーしてるのかい?」
「やだ・・・そんなこと・・・やっさんのオチンポ頂戴・・・」

由香が俺のチンポを弄ってきたので、女をクリ責めする時に遣うローションをチンポに塗って、由香のアナルにゆっくりと入れた。

「うっ・・・ああーーーー・・・」

由香のアナルは俺のチンポを根本まで呑み込んだ。
ゆっくりグラインドするようにすると、たぶん前立腺に当たるのだろう、由香は女のように喘いだ。

ローションの音がヌチャヌチャと響き、男同士の性の交わりを彩った。
目の前にいる20歳の華奢な男が、チンポを勃起させながら俺のチンポをアナルで呑み込む異様な光景に、早くも射精感が襲ってきた。

「由香、イクぞ!」

俺は由香のアナルの奥深くにミルクを注いだ。

「あっああーーーー」

射精しながら由香のチンポを扱くと、由香のチンポはビクビクしながら大量の射精をした。

俺は由香に女子高生風の制服を買ってやった。
元々ユニセックスの顔をしているので、とても可愛く似合って女の子にしか見えななかった。

俺とのデートでは毎回それを着てくる由香が可愛かったから、別バージョンの制服も買ってやった。
俺は少しずつ由香にSMを仕込んでいった。

首輪、手枷、足枷・・・、そして気がつけば由香は、縄の味を占めるマゾになっていた。

由香と付き合って1年半、俺は由香との別れを隠しつつ、由香をラブホではない普通のホテルに連れ込んだ。
由香は足をM字に縛られて、ペニクリとケツマンコを晒していた。

「ペニクリを苛めてあげよう。いつものように麻紐でチャーシューのようにしてあげるよ。ハハ、ギチギチになったな。尿道が絞められて、痛くて射精できないだろうな。フフ、キンタマも1個ずつ縛ってやるよ・・・」

由香のキンタマはパンパンに締上げられた。

俺は、直径4cmはあろうかという8連アナルボールを持ち出し、由香のアナルにローションを注入し、1つずつ入れていった。
ゆっくり入れてやり、最大径をちょっとすぎるとニュルン!と入っていった。

「あううっ・・・そんな・・・そんな大きいの入れたら・・・ガバガバに・・・うぐっ・・・かはっ・・・あっ・・・」

嫌がる割には7個も飲み込んだ。
残りの1つを持って、ゆっくり引き出そうとすると、アナルがブワッと広がり抵抗した。

「ホラ、ウンコ捻り出すみたいにして排泄してみろ」

イマイチな反応なので、締上げられたペニクリを擦ってやった。

「ああん・・・あ、ああ・・・」

ポコッと卵を産むようにアナルボールが出てきた。
由香はゼイゼイしながらアナルボールを7個全部排泄して・・・。

「ああ・・・なんだかまだ入っているような気がする・・・」
「どれ、ペニクリは解いてやるから、お前は新しい彼氏に抱かれてみろ」
「新しい彼氏?どういうこと?」

由香は怯えた哀しい表情になった。

「俺は故郷に帰ることになったんだ。兄貴が倒れちまってな。あんまり長くねえようなんだ。俺が兄貴の代わりに店を継がないとならねえんだよ」

半分本当で半分ウソ、兄貴はもう、一昨年に亡くなっていた。
親父もとっくに亡くなっていて、お袋と義姉が何とか頑張っていたが限界で、俺にSOSを送ってきた。

俺は独り身だから、お袋は俺と義姉が結婚して後を継いで欲しいと願っていた。

義姉は俺の一つ年上の34歳。
かなりのベッピンさんだが、変態の俺は真面目な義姉にあまり興味なかった。

俺は義姉に条件を出していた。

それは、俺との性生活にSMを取り入れてマゾ調教されることと、アナルセックスを受け入れることだった。
半年間拒否してきた義姉だったが、忙殺されるうちやっと受け入れを了承して、俺は義姉の再婚相手となった。

先日、初めて義姉をラブホに連れ込み、兄貴が愛した絶品ボディに縄をかけ、凌辱の限りを尽くして、その様子を撮影した。

悔し涙を流していた義姉だったが、たて続けに遅い来る快楽の波に我を失い、アナルバイブの振動の中、俺のチンポをマンコに受け入れ、二穴絶頂の洗礼を受けて観念したようだった。

「由香、以前お前、俺が仕事で関わってた黒人の男、カッコイイって言ってたよな。彼、お前が気に入ったとさ」

由香に与えし新しい彼氏は黒人男性だった。
弁護士資格を持つエリートで、外資系の日本法人で働いていたが、ニューハーフ好きなのだ。

可愛い日本のニューハーフにメロメロだった。

俺はロビーで待機していた黒人男性に電話を入れ、部屋に呼んだ。
精悍な顔つきの黒人男性は、シャワーを浴びて全裸のままやってきた。

「やん、こんな大股開きの恥ずかしい格好なのに・・・」

彼は由香を拘束している縄を解いて、優しく抱き上げてベッドに横たえた。
そして、アナルボールで広がった由香のアナルを、20cm級のデカマラが貫いた。

「ふぎいいいいいいい・・・ふぃ、ふぃ、ふぃ、ふぃ・・・あぐうううう・・・」

メリメリと由香のアナルが広がり、デカマラが全て飲み込まれる凄い光景を目の当たりにした。
しばし二人の交わりを見ていたが、由香は彼に腕を廻し完全に感じていた。

俺のように変態的な性の対象として由香を抱くのではなく、黒人の彼は愛情を持って由香を抱いていた。
やがて巨根から放たれた熱いミルクは、俺のチンポでは届かない大腸の奥深くに注がれ、由香は白目を剥いて気絶していた。

「由香をよろしく頼むよ・・・じゃあな、由香。いっぱい可愛がってもらえよ。さよなら・・・」

俺はホテルの部屋を出た。
オートロックが閉まる音を背中で聞きながら、携帯電話から由香のデータを消し去った。