見知らぬ男性に紹介された四十路の淫乱美人妻

出会い系サイトに書き込みをしてもなかなか返事が来ないことってありますよね。

私もあるサイトに書き込みをしていたのですが、まったく返事が来なかったので諦めていました。

おそらく、同じ立場に境遇されたことのある方は、私の気持ちが分かると思います。

そんなある日、ふとメールを除いてみたら、その出会い系サイトを見た人から、メールが来てました。

でも、男性からでした。

何だと思いましたが、念のため、内容を確認すると

「3Pの相手を探しています。相手は子供が2人いる40歳代前半の人妻で、激しく淫乱です。興味があれば、連絡ください」という内容でした。

まったく知らない人と3Pをすることに抵抗があったので、断りの返事をしたのですが、塾女とできるチャンスを逃すのはもったいないなと考え直し、はじめは人妻と2人で合わせて欲しい旨を伝えました。

何と返事はOK、正直驚きましたが、人妻を紹介した男性は、その人妻の淫乱さに嫌気が指していたようで、結構あっさりしていました。

さて、人妻と会う日がやってきました。

昼過ぎに待ち合わせです。

どんな女性が来るのか、ドキドキしていたら、とても40歳代とは思えない、素敵な女性でした。

その人妻がよく使ってるラブホに入り、裸になってびっくり、剃毛がしてあるではないですか。

2人でシャワーを浴び、ベットイン。

私が大好きなクンニをしようとすると既にマンコは濡れ濡れ。

マン汁を十分に堪能した後、チンコを顔に近づけると何も言わずにしゃぶりつきました。

今まで何人もの女性にしゃぶられましたが、その人妻のフェラは今までで最高のテクでした。

ゴムを付けて、挿入するときには既にいきそうで、恥ずかしいことに入れたらすぐにいってしまいました。

名誉挽回のため、とりあずチンコが復活するまで手マンでサービス。

1本では足りず、2本入れてとおねだりされ、人差し指と中指で子宮に届くくらいまで攻めました。

もう、あそこはグッチョリと濡れており、クンニでも攻めると体をそらしながら「あぁぁぁ、入れて?」とおねだりされたので、生で挿入。

元々ゴムが好きではないらしく、廊下にいても聞こえそうな声を出して、体を震わせていました。

当然、中出しでフィニッシュ。

中で出しても大丈夫?と聞いたら、ピル飲んでるから大丈夫と言われ、こっちが引いてしまいました。

3回目はアナルへ挿入。

私が下で、人妻が上。

マンコよりアナルの方が感じると言って、4回目もアナルサービスをしました。

「あなたの精子は、まだ私のマンコとアナルにたっぷり残ってるのよ」と言いながら、私のチンコにしゃぶりつき、激しくフェラされてしまいました。

2時間で4回は体力的にも精神的にも大変でしたが、世の中にはこんなに淫乱な人妻がいるんだということを確信し、再度会う約束をしました。