真面目な人妻と無人駅やトイレでの野外プレイ

普段真面目な奥さん程、浮気でのセックスの快感に溺れてしまうという話を聞いた事があります。
やっぱり背徳感を感じる人程、その反動でセックスも普通の何倍も感じてしまうんでしょうか。

僕は普通の会社員ですが、大学生の頃から熟女系のAVに興味を持ち始め、社会人になった頃からハッピーメールを利用して何人かの奥様方と関係をもってきましたがやはりいかにも浮気しそうな派手な見た目の方達よりも

「なんでこんな真面目そうな人が?」

という方の方が一度やると向こうから次のお誘いがあったり不倫セックスにはまってしまう傾向が強かった気がしまいます。

最近は、定期的に会える四十代の方が2人いらっしゃいます。

お二人とも地味な印象の方ですが、ハッピーメールで出会った百戦錬磨の奥様方よりも遥かにスケベに成長してらっしゃいます。
今日はそのうちのお1人について書かせていただきます。

美紀さん…42歳、僕と同じ市に在住、セフレ関係4年程そんな感じの美紀さんですが、最近初孫が誕生し晴れておばあちゃんになりましたが、おばあちゃんになっても
性欲が強くなる一方みたいです。

まず、美紀さんとの出会いは2年程前。
まだサイト初心者の頃サイト内で直アドを交換して少し世間話をする仲となりました。

しかし、熟女AVに興味があっても奥様方と関係を持つという発想がそもそもなく美紀さんと一度だけお茶をしただけでメル友という感じでした。
やがて、自然と美紀さんとの繋がりもなくなってしまいました。

それから1年程立った頃でしょうか。
会社の飲み会帰りで夜の繁華街を歩いていると

「あら?○○さん」

と僕を呼ぶ声が。
振り返ると、美紀さんでした。

美紀さんは昔の同級生達との飲み会帰りということで少し立ち話をしたのですが、どうも美紀さんからこのまま別れるのが惜しいといいたげな空気を感じたため

「ちょっと、そこらで飲み直しませんか」

と誘ってみると嬉しそうにうなずいてくれました。
酔いでお互い大胆になっていることもありこの時点でやれるかもという気がしていたのでお店で少しずつ下ネタ系の話題をふっていくと、完全にそういうムードに。

後はお決まりのパターンで、気づけば週に2~3回はセックスする仲になりました。
最初は普通に僕の新居のマンションでやっていたのですが次第に美紀さんが野外プレイにハマっていきました。

一度、お互いの中間地点のエリアにある雑居ビルの非常階段でセックスしたことがきっかけでした。

最初は渋っていた美紀さんも、性欲には勝てなかったのかしぶしぶ初めてみると、予想外の興奮に気づいたようで以後は美紀さんの方から野外をおねだりするように。

それから、平日の遊園地の観覧車、団地の屋上工事現場、寂れた立体駐車場等の場所でセックスしてきましたが封通の場所でするよりも、美紀さんの興奮は桁違いでした。

そこで、そんなに好きならと今年の2月一泊二日の野外プレイ旅行を計画しました。
美紀さんには、久々に古い友人に会いに行くという説明でアリバイを作ってもらい、駅で合流。

途中で電車を乗り継ぎしつつ、二人はとある田舎町へ。
美味しいものでも、風景でもなく、今回は野外プレイのための旅行という事で、現地の下調べは万全でした。

山中を走る二人の乗る列車は、平日の昼間のためかガラガラでした。
そんな中、車内アナウンスが、次の駅の名を告げます。

そこは、僕たちが降りる駅の数駅前の無人駅でした。
僕がその事を美紀さんに教えると、美紀さんの目がキランと光りました。

阿吽の呼吸とはこの事でしょうかセフレだからこそできるアイコンタクトでした。

駅に着くや否や、二人は目で合図を送りながら下車。
駅に他のお客がいないことを確認し、僕が駅の待合室でズボンをおろすと美紀さんは、すかさずしゃぶりついてきました。

ほんの十数分前まで、子どもや孫へのお土産はどうしようと言っていたやさしいおばあちゃんが、いつ人が来てもおかしくないような場所でよだれ垂らしながらフェラしてるわけです、興奮しますよね。

田園風景が見渡せる窓に手をつかせ、ひたすら立ちバック状態で後ろから突きまくりました。
サプライズ効果もあったせいでしょうか、美紀さんは次の電車が来るまで立ち上がれなくなる程、激しくイってしまいました。

そんなハプニングも起こしつつ、電車とバスを乗り継ぎながら宿泊先のキャンプ場に到着しました。

そのキャンプ場は家族連れや学生で賑わうのですがその日は平日という事で、何棟かあるログハウスのうち僕たち以外に利用者はおらず、管理人も夕方には帰ってしまうとの事でした。

と言う事は、半径数百メートルは僕たち以外は無人の地帯になるということ。
山の中なので、夜はせいぜいログハウスの周辺ぐらいしか使えませんでしたが夕方から僕と美紀さんは完全に全裸状態で、野生に返ったかの如くログハウスの中や外でハメまくりました。

還暦近くなっても若い子顔負けな、美紀さんの性欲・体力には驚かされましたが…。

そんな夜が明けると、僕は駅弁状態でハメながら近くの河原に美紀さんを連れて行き、夜は暗くてできなかった河原でのフェラ&セックスを楽しみました。

10時頃にキャンプ場を後にすると、後は特に予定は考えていなかったので徒歩やバスで町内を移動しながら、昨日の無人駅のようにアイコンタクトで場所を選んでセックスしてました。

無人のバス停、みかん畑、廃校となった学校の校舎温泉街の家族風呂、駅前のスーパーのトイレ。
これだけの場所をわずかな時間のうちに回りましたが相変わらず美紀さんの性欲は衰え知らずでした。

美紀さんの性欲がどこまでいくのかこれからも二人で探求していきたいと思ってます。