経験の少ない25歳を俺好みのエロ女に調教

ある出会い系サイトで知り合った25歳の女の子。

就職が決まった記念という事で、晩飯をご馳走する事になった。

写メは交換していたものの、実物を見るのは初めて。

俺の作戦は…

1.相手がブサorブタだったら逃げる。
2.相手が普通の子だったらヤリ逃げする。
3.相手が可愛かったら紳士的に振る舞い、次に繋ぐ。

待ち合わせ場所に来た彼女(仮にM)は、綺麗系の大当たりだった。

作戦は3に決定。

Mとは2ヶ月ぐらいメル友だったので、基本的な情報や趣味などは把握済み。

軽い恋愛話はするものの、下ネタを振ると完全スルーの堅い子だった。

当日はイタリアンと中華、和食の店を予約してあったが、Mの希望により和食の店に行った。

共通の趣味話で盛り上がり、店長お勧めの焼酎がハイピッチで進む。

俺の作戦では終電の1時間前に店を出て、駅までMを送っていくつもりだった。

しかし、食事を始めて僅か1時間半でMは酩酊。

ニコニコ笑っているだけで、会話が成立しなくなった。

これだけ上機嫌なら今日喰っても次に繋げるな、と思い作戦変更。

頼んだメニューを食べ終わったところで店を出る事にした。

店を出るとMはフラフラと千鳥足。

肩に手を回しても抵抗しないどころか逆にもたれかかってくる。

そのまま抱えるようにして近くのホテルに連れ込んだ。

部屋に入った途端、Mはベッドに倒れ込む。

とりあえず放っておいて先にシャワーを浴びる事にした。

バスルームを出たら、ドアのすぐ前にMが立っていたので少しビビる。

シャワー浴びたいと言いながら俺に抱きついてきた。

とりあえず洗面所の椅子にMを座らせ、上着とセーターを脱がす。

濃い青にレースをあしらったブラに包まれた、形の良い胸が見えた。

ブラの上から手で包むように軽く揉む。

Mの体がピクっと反応した。

両脇から腕を入れMを立たせる。

ちょっと苦労しながらスカートとストッキングを脱がせ、再び座らせる。

割と聞き分けがいいので、多分意識が戻っていたんだと思う。

ちなみに、俺はバスタオルを腰に巻いただけのマヌケな姿だった。

意識がある事を確認するため、言葉責め開始。

「ホントはエッチだったんだね、初めての男とホテルに来るなんて」

とか色々耳元で囁き続けた。

その間、俺の手は肩や腕、ワキ腹をサワサワ。

徐々に呼吸が荒くなるM。

明らかに意識はある。

俺は確信した。

Mがモゾモゾし始めたので、言葉責めをやめて顔を覗き込むと、Mの方からキスしてきた。

舌を絡め合うディープなキスをしばらく続けると、色白のMの肌がうっすらと上気してきた。

「綺麗なオッパイ見せて」

と囁くと、Mは自分でブラのホックを外した。

「もう乳首が立ってるよ。ホントにいやらしいなぁ」

「触って」

消え入りそうな声でMが呟く。

聞こえないフリをして軽く耳を噛んだ。

「いやぁ…」

逃れるように一旦身を離すものの、すぐにキスを求めてくるM。

キスをしたままMを立たせて、ブラとお揃いの下着を脱がせた。

Mは俺のバスタオルを引き千切るように外す。

崩れるようにその場に跪くM。

何も言わずに俺のモノを口に咥えた。

ぎこちない愛撫にイラだった俺は、時折腰を突き出す。

Mは苦しそうにフェラを続けていたが、吐かれるのも嫌なので、苦しそうな表情のMを立たせてバスルームに入った。

この時点で、俺はMに対して愛撫らしい愛撫をしていない。

それなのに、後ろから見たMの内腿には光るものが確認できた。

俺はもうシャワー済みだったので、Mの体を洗った。

ボディーソープを手に取り、首筋、背中、お腹をまさぐる。

Mの右手は俺のモノを掴んで離さない。

Mはもう声を出す事を躊躇わなかった。

大きな喘ぎ声に、時折

「早く…」

と催促の言葉を漏らす。

たっぷり焦らした後、ヌルヌルの手で形の良い胸を刺激した。

両方の乳首を同時に軽く摘む。

今日1番大きな喘ぎ声がMの口から漏れた。

Mの足がガクガクと震える。

もしかしてイッた?胸だけで?

「もうダメ…早く…」

Mは俺にしがみつくのがやっとだ。

俺も疲れるのでベッドに移る事にして、先にバスルームを出た。

明かりを調整していると、バスタオルを巻きつけたMが出てきた。

躊躇無くベッドに入ってくると、激しいキスをしてきた。

どうやって攻めようかと考えていると、Mのキスは徐々に下におりてくる。

何を隠そう、俺は乳首舐めに弱い。

思いがけないMの攻撃に喘ぐ俺。

やがてMは俺のモノを咥えた。

やっぱりちょっとぎこちない。

余裕が出た俺は、反撃するべくMのお尻を引き寄せた。

目の前のMのマ○コは大洪水だった。

シャワーで洗い流した後に溢れたものだろう。

キレイなピンク、ちょっと大き目のビラをゆっくりと開く。

さらに溢れた汁を指ですくい、ちょっと強めに刺激した。

Mの汁は粘りがあって無味無臭。

それをたっぷりと指につけてビラをゆっくりとなぞる。

クリや穴には触れないよう、時に軽く時に強く。

咥えている事ができなくなったMは、俺のモノを握り締めたまま喘いでいる。

Mの腰が焦れったそうに動き始めたので、中指を少し穴に入れた。

ビクっと震えるM。

ゆっくりと中指を奥まで入れて2-3回ピストン。

次に親指でクリの根元を刺激した。

途切れ途切れだったMの喘ぎ声は連続したものになり、尻がガクガクと震えた。

イッたようなので、Mが落ち着くまで腕枕で抱き締めていた。

Mはフゥと大きく溜め息をつき

「ずるいよ~」

と言った。

大きいままの俺のモノを掴むと、

「もうっ」

とか言いながら騎乗位で咥え込んだ。

生は嫌だなぁと思いながら下から突くと、

「動かないで」

と偉そうに言うM。

仕方なく好きにやらせる事にしたが、俺のリズムではない。

体を起こして対面座位にして、自分のペースで下から突き上げた。

左手をMの背中に回し、右手は胸に。

キスをしながら。

Mは汁の量が多いらしく、グチョグチョといやらしい音が部屋に響く。

その音が興奮の度合いを深めるのか、Mの声が徐々に高くなる。

もっとピッチを早めたかったので、正常位に移行。

自分のペースでガンガン突きまくる。

Mは喘ぎながら首を左右に振り始めた。

俺も限界。

「どこに出したらいい?」

と聞いたものの、当然返事は無い。

ラストスパートをかけ、Mの声がMAXに近いところで胸に放出した。

この後、朝までにもう1回やりましたが、疲れたのでココまで。

その後、Mとは付き合い始めました。

今4ヶ月目。

エッチの経験はほとんど無かったらしく、俺のせいで目覚めたらしい。

ぎこちなかったフェラも今ではプロ並です。