デブスのパンチラとフェラに興奮して2時間で7回も発射したw

つまらんかもしれんが、昔の思い出を置いてゆく。
真面目一筋に普通の結婚をした俺は遊びというのを知らずに過ごしてた。

そんな俺が離婚をきっかけに素敵なデブスちゃんと出会った。
結婚の重圧から解放され「とにかくいろんな女とエッチしたい」と目標を掲げてみたがなかなか成果が出ないでいた。

そんなある日、携帯でメル友を作る方法を友達から聞いた….
なんと初っ端から成功し唖然とするw

まだ「出会系サイト」という言葉すら無い時期だったから、サクラはいないが返事が来ない…..そこで様々なテクニックやアイデアで返事をゲットしていった。

そんな中、一つの書き込みに目がとまった「遊びいきてぇ…」乱雑な書き込みだがニュータイプ並みにイケると直感した。
相手をわざと怒らせて….

「なんだかいい人みたいだね~良かったらメールしない?」

完璧な作戦勝ちw
話してみて驚くことに年齢は1○才で今なら捕まるw

性格は明るく「私デブでブスッだよ~」と明るく笑う…..

数日間、毎日メールしてたら「後はエッチの相性だね」と驚く言葉を漏らすが、あまり期待しすぎて出来なかったショックを考えると嫌なので軽く流す程度にした。

「今度遊びいかない?」と言ってみたら「楽しみ。期待してるよ~」

今度の土曜日に会う約束をする。
車で待ち合わせ場所に行き少し待つと……いました。

「コロコロした女のコ」

という表現がピッタリな女のコがなんと超ミニスカートの制服で….

「待った?」
「俺もいま着いたとこだよ」

美人や可愛いとは言えないが、ちょっと茶髪に水色のリが可愛いく、制服がはちきれそうな巨乳、見えそうで見えないミニスカ、そこからはみ出したムチムチの太ももに密かに勃起してしまったw

名前は○○かちゃん。
性格は限り無く明るく一緒にいて飽きないタイプだ。

「何処行きたい?」
「○○の部屋かな~だって男の独り暮らしって興味あるもん」
「え!いいの?夕食は?」
「○○の手作り料理~」

仕方なく(期待しながら)二人で夕食の材料を買い、俺のアパートに向かった…..
駐車場から部屋まではまるで恋人の様に腕を組んできて嬉しかった。

「はい、どうぞ。ここが俺の部屋だよ。」
「失礼しま~す。わぁ男の人って感じ!」

そういって前屈みった瞬間ピンク色の何かがチラッと見えた…..

ここは俺の部屋なんだから誰にも見つからない…
ドキドキしながらミニスカの中をそっと覗き込んだ………

見事な目に眩しいピンク色のパンツが目の前に飛び込んできた!
(ああ~幸せだ~このパンツをみれただけで幸せすぎ十分だと思った)

どうやら靴が上手く脱げないらしく「脱げない~」と言ってたが、俺はパンツを見るのに必死だったw
(今考えると、えらく長い間靴を脱いでたから、覗かれてるの知ってたのかも)

部屋に上がってベットに座ってテレビを見ながら世間話をしたり、楽しい二人きりの一時を過ごし、俺特製のハンバーグを二人で食べた。
食事中、○○かが

「今日○○の部屋泊まっていい?」

….当然「いいよ」というと嬉しそうにはしゃいでいた。

「ね~○○、お風呂入っていいかな?」
「うん、お湯入れるから待ってて」
「シャワーでいいよ。覗いちゃダメだよ~」

○○かは笑いながらシャワーを浴びに行った。
俺は何故か紳士気取りで見たい欲望を必死にこらえた。

「ふぁ~気持ち良かった。」

いかにも1○才って感じのパジャマに着替えてお風呂から上がってきた。
そのパジャマとマッチするツインテールに水色のリボンが「ブス」を可愛い女の子に変化させる…..
(ヤバい。マジで可愛いく見えてきた)

「パジャマもって来てたの?」
「えへへ!実は最初から泊まる予定で来てたんだよ~」

可愛いこと言うな。

「オレもシャワー浴びてくるわ」

ここまでくれば大丈夫….と思いながらも不安は残しつつ、いつもより丁寧に洗ったw

風呂から上がりベットの上で二人会話をしながらテレビを観てたら、「私、寝るね~」といきなり言って布団にくるまって目を閉じた。
(寝るってまだ夜の8時だぜwやはりこれは….)

「○○かちゃん?」

俺は彼女の横に寝そべって肩を叩いて声を掛けたら、笑いながら俺の反対側に寝返り無邪気な狸寝入りをする。
この可愛いらしい行動が俺の偽りの紳士的行動を止めさせ、素直な自分へ変身させる….

もう理性はない。

体を自分の方に無理やり向かせると、無邪気に「キャ!」といいなからまた反対側を向く…
無理やりキスしたらやっと大人しくなり、抱きついて来た。

「待ってた~」

二人は激しいキスを始めた。

パジャマのボタンをゆっくり外したら巨乳が現れてそのままカップをはぐると大き目の乳輪と小さい乳首が現わになった(ピンク色の乳首を期待したがちょい暗めな色だった)巨乳を堪能しながら、すかさずパジャマのズボンを脱がせた。

パジャマのズボンを脱がしたら、先程、玄関で見たピンク色のパンツがあり、前は赤いチェック模様だ。

「可愛いパンツでしょ?」

○○かちゃんは笑いながら勝負パンツを紹介してくれた。
余程大切にしてるのか「汚れちゃうから」と言って自らパンツを脱いだ。

二人はそのまま裸になり、俺は少な目の毛を撫でながらクンニしてあげた。
○○かちゃんは可愛い声を出しながらヒクついていた。

「私もしてあげるね。自信あるんだよ~」

その言葉通りすごかったw
会う約束をして約1週間オナ禁してた俺に耐える気力は○○かちゃんのテクニックにもろくも崩れ去る……

「○○かちゃんゴメン!」

俺は○○かちゃんの口の中で出してしまった。

「○○かちゃん本当にゴメンね」

彼女は渡したティッシュに1週間分の精子を吐き出しながら

「凄い量だった…大丈夫だよ。よく出されるから慣れてる」

ちょい嫉妬混じりに、その年齢でよく出されるってコイツどんな性生活しとんやろと疑問に思った。

嫉妬混じりの感情で強くキスすると、彼女もそれに応えるように淫らになる….
今度はテクニックにも耐えいざ入れようとすると「絶対外に出してね」と言ってた。

「気持ちいいね!最高だよ~」

と可愛いらしい(顔はそこまで可愛くないがw)声で喘いでた。

「出していい?」って聞いたら「もうちょい待って!」

数分頑張って「もう限界」って言うと

「いいよ!いっぱい出して!」

リクエスト通りポッコリとしたお腹のちょい下に白い液をいっぱい出した。

行為が終わって一段落した俺は○○かちゃんを独り占めしたいと考えてた。
いわゆるブスに惚れたのである。

しかし逆に向こうにはその気が全くないらしい。

「俺の恋人ならない?」
「私達、恋人より凄い事してるんじゃないかな?」

とか言ってはぐらかされる….
結局、心は落とせなかった…

その鬱憤を朝まで寝ずにヤリまくったw
(2時間ペースで7回戦まで完封した)

おしまいです。
長々と失礼しました。